グーグル

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)
佐々木 俊尚

文藝春秋  2006-04
売り上げランキング : 148266

Amazonで詳しく見る by G-Tools

グーグルというのは検索エンジンである。という人が多いが実はそうではない。それではグーグル自体が成り立たないからである。ではこのグーグルは何によって成り立っているのかというと、検索結果の右端にある広告、もしくはスポンサーサイト。これの「広告収入」が収益の大多数を占めているのである。つまりグーグルは広告戦略の根底を覆したビジネスであった。
しかしこのグーグルは破壊したビジネスはそれだけではない。マイクロソフトをはじめ多くの既存ビジネスを破壊し莫大な権力と利益を上げたのである。しかしそんなグーグルにも闇の部分が存在している。代表的な例の一つとして「グーグル八分」があげられる。それから強大化したことによりユーザーに対して非常に強権的になったことも本書で明らかにしている。またグローバル化に対して政治的なことも絡んできている。例えば中国政府の検閲の容認もその1つの例として挙げられる。
グーグルの神格化は言い過ぎではあるが、グーグルに関するビジネスはビジネスの教科書の一つの例として未来永劫挙げられてもいいだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク