反貧困―「すべり台社会」からの脱出

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書) 反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
湯浅 誠

岩波書店  2008-04-22
売り上げランキング : 3073

Amazonで詳しく見る by G-Tools

貧困に対して様々なことを糾弾している。著者は今の世の中を「すべり台社会」と言っている。「すべり台社会」とはいったん足を滑らせたらどん底に転げ落ちてしまうことである。格差社会についての本は今までに読んできたものの、本書はちょっと違った手について言及している。「生活保護」と「貧困ビジネス」である。生活保護についてはいかに厳しいのかという体験談をもとにして書かれている、現在日本政府は生活保護の水準を厳しくし、生活保護の額も減らそうとしている。さらに消費税増税などの論議もあり貧困に対して厳しい社会になっている。さらに貧困ビジネスは日雇い派遣の実情とまさに芳崖といわれるような扱いには驚いた。
「貧困は自己責任」という主張も退ける内容はあり、共感できる部分はあったものの意見が非常に偏っているように思えた。確かに東洋経済でのインタビューにおいて奥谷禮子氏の発言は暴論としか言いようがないが、自分に対する向上心がないという絶望感があるからでこそ貧困や格差が増えているのではないかということさえ思ってしまう(それがあっても下流に落ちてしまう人は現にいるが)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 再出発日記 より:

    「自己責任論」批判あるいは「反貧困」

    「相棒−劇場版−」で私は「いまどき珍しい社会派映画である。イラク戦争のときの「自己責任論」をここまで正面にすえた映画はいままでにはない。」と、テーマ自体は評価したが、映画の完成度はそんなに高くないと思っていた。他のブログの批評を観てみると、案の定、前半……