「箱根駅伝」不可能に挑んだ男たち

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち 「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち
原島 由美子

ヴィレッジブックス  2007-12
売り上げランキング : 77821

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今や正月の風物詩とも言われている「箱根駅伝」。毎年学連選抜を含んだ20チームが鎬を削り、そして各校の思いを寄せたタスキリレーは非常に楽しみである。私もその箱根駅伝ファンの一人である。
本書はその箱根駅伝の生放送に挑んだ者たちの熱き物語である。今となっては箱根駅伝の生放送は当たり前のことであるが、生放送開始の時は非常に過酷な条件の中生放送ができるのかという疑問の声を反対の声が強かった。当然本書でもそのようなくだりはある。しかしそれをやってのけたときの各局の反応は凄いものであることも本書を見ればよくわかる。前に生放送は当たり前のことであると言ったが、毎年のことながら生放送の裏側をTVで見たことはあるが非常に過酷である生中継を行っているアナウンサーは箱根駅伝放送中はトイレにすらいけないという状況であるという。それを考えるとTV番組というのはまだまだ捨てたものではないなという感じも起きる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク