F1 イギリスGP コバライネンが初PP そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下のとおり(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.049
2 M・ウェーバー レッドブル 1:21.554
3 K・ライコネン フェラーリ 1:21.706
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.835
5 N・ハイドフェルド BMW 1:21.873
6 F・アロンソ ルノー 1:22.029
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.491
8 S・ヴェッテル トロロッソ 1:23.251
9 F・マッサ フェラーリ 1:23.305
10 R・クビサ BMW no time
11 D・クルサード レッドブル 1:20.174
12 T・グロック トヨタ 1:20.274
13 S・ボーデ トロロッソ 1:20.531
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.601
15 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.112
16 R・バリチェロ ホンダ 1:21.512
17 J・バトン ホンダ 1:21.631
18 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.668
19 A・スーティル フォースインディア 1:21.786
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.885

ある意味で波乱の予選だったなぁと。だってQ1で雨降ったというのはだれも予想できないでしょう。これによってかどうかはわからんが多くのマシンがスピンを起こしましたからねぇ。

しかも本命であるフェラーリが3位と9位。明日が楽しみですが、正直言って不安もありますよ。

そしてなんといってもコバライネンが初のPP。やっとですねぇ。ハミルトンがずっと活躍してその陰に隠れてしまった状態なのでようやく日の目がみられるような感じかもしれません。ただ決勝はどうでしょうかね。

そしてウェバーも2位一昨年のモナコ以来といわれますが、実力で2位を勝ち取ったといえば記録更新かもしれません。

というわけで優勝予想

本命:ライコネン

対抗:ハミルトン、コバライネン

要注意:ウェーバー、マッサ、ハイドフェルド

ちょっとネックになるのが、フェラーリの予選の不調の原因。2つ考えられるのは今回の予選が雨だったからという考えと、テストのあと何らかのトラブルがあったのかと推測できますが。もし後者だったら優勝は非常に難しいでしょう。全社であれば天候によってライコネンがピット戦略で逆転優勝は十分あり得ます。

PPのコバライネンを対抗に置いた理由は上記ですねぇ。ライコネンも早さを求めているだけではなく、結構戦略的になっているのでピッと戦略にまんまとハマって2位ということも考えられます。

ウェーバーは、1コーナーでライコネンにやられてそのあとはずるずるとポジションを落としていく概算。ポイント圏内には入りますが表彰台はどうでしょうかといったところ。

そして問題は現在ポイントリーダーのマッサ。9番手スタートなので1周目でどれだけオーバーテイクできるかがカギとなるでしょう。そうでなければトラフィックに引っ掛かりポイント獲得をしてもわずかということにもなりかねませんからね。

大体こんな感じじゃないでしょうかね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. '08F1イギリスGP予選。

    コバライネン、ポール獲得!! ついにコバライネンが来た。 決勝できちんとスタートきってほしい。 そうすればポールトゥウィンも夢じゃない。

  2. '08F1イギリスGP予選。

    ヘイキが初ポール。

  3. 【F12008】イギリスGP、コヴァライネンがうれしい初ポールポジション

    地元のマクラーレンチームがポール獲得ですといって、ハミルトン選手ではなくコヴァライネン選手がフリー走行からの好調さをキープしています。もうひとつのフロントローはウェーバー選手、こちらも最終アタックでコヴァライネン選手に抜かれなければポール獲得だっただけに惜しい2位です。ただ恒例のインタビューではうれしさ爆発していましたが。
    3位にはライコネン選手がはいり、ハミルトン選手は4位、中嶋選手は15位でした。
    予選結果
    1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.049
    2 M・ウェ…