F1 ハンガリーGP ハミルトンが連続PP!! そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下のとおり(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.899
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.140
3 F・マッサ フェラーリ 1:21.191
4 R・クビサ BMW 1:21.281
5 T・グロック トヨタ 1:21.326
6 K・ライコネン フェラーリ 1:21.516
7 F・アロンソ ルノー 1:21.698
8 M・ウェーバー レッドブル 1:21.732
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.767
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.371
11 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.144
12 J・バトン ホンダ 1:20.332
13 D・クルサード レッドブル 1:20.332
14 S・ボーデ トロロッソ 1:20.963
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ no time
16 N・ハイドフェルド BMW 1:21.045
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.085
18 R・バリチェロ ホンダ 1:21.332
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.670
20 A・スーティル フォースインディア 1:22.113

やはりといっていいでしょうかね。ハミルトンが2戦連続PPでした。マクラーレン1-2だったということはちょっと意外でしたが、フェラーリが子のサーキットとの相性が悪い+最近マシンの調子が上がらないを考えればマクラーレン1-2は可能性があったといってもいいでしょう。

一番驚いたのはトヨタ勢。トゥルーリは案のじょうだが、最も驚いたのはグロック。過去にQ3に上がったことはあったもののここまで上位勢を肉薄できるような場面はあったのかというとなかったように思えます。ただ決勝は遅いという評判もあるので決勝でも同じ勢いでいけるのかというと疑いもありますが。

もう一つ意外というのはハイドフェルド。Q3進出の常連がなんとQ1で脱落という波乱。どうしたのでしょう。

そんなこんなで優勝予想といきましょう

本命:ハミルトン

対抗:マッサ、コバライネン

要注意:ライコネン、クビサ、グロック

優勝はハミルトンは堅い。たとえ雨が降ろうとも波乱が起きようともよほどのことがなければの話ですが。今年も去年と同じような淡々としたレースであればハミルトンが優勝するでしょう。ただし一昨年のような波乱であればわかりませんが。

1コーナーでマッサがコバライネンを抜けばマッサの失点は最小限に抑えられるでしょう。ただでさえこのコースはマクラーレンが強いのでフェラーリは今回は我慢のレースになる。なので今回はハミルトンとの差が開くのをどこまで抑えられるのかというのも焦点になると思います。

そしてコバライネンの活躍。優勝もしていなければ表彰台に上がることも少ないコバライネン。マッサらを抑えて1-2をそのままチェッカーまで持ってこれるのかがカギとなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. '08F1ハンガリーGP予選。

    シャークフィン大量発生でマシンがカッコ悪い。。。 ヘイキがフロントロー。 トヨタ好調。 勢いをなくしたフェラーリ&BMW。

  2. '08F1ハンガリーGP予選。

    シャークフィン大量発生でマシンがカッコ悪い。。。
    ヘイキがフロントロー。
    トヨタ好調。
    勢いをなくしたフェラーリ&BMW。

  3. F1 ハンガリーGP予選〜3連勝への最短距離

    第11戦、ハンガリーGPの予選。夜中の放送ということで録画鑑賞しました。毎年ハンガリーはこの時期の開催で、24時間テレビの枠の中で放送されたりすることもあるんですが、今年はちょっと時期がずれていて良かったかなと(^_^)
    肝心の予選ですが、イギリス-ドイツと連勝して…….

  4. ハンガリーGP予選結果

    ハミルトン&マクラーレン強し!
    どうしたライコネン、また6位スタート
    トヨタは頑張る5、9位!

  5. ハンガリーGP予選、グロックが5番手スタート、ポールはハミルトン

    トヨタが5,9と2台そろってシングルグリッドからの決勝スタート。今年2回目の表彰

  6. 【F12008】ハンガリーGP予選、ハミルトンの勢い止まらず連続ポール獲得

    ハミルトン選手が完璧なマシンコントロールで2戦連続してポールポジションを獲得しました。2位にはコヴァライネン選手がはいりマクラーレンはフロントロー独占です。フリー走行ではフェラーリ、マクラーレンに遅れをとっていたBMWのクビサ選手ですが、しっかり予選では結果をだしての4番手確保です。
    そしてなんと5番手にはライコネン選手を抑えてグロック選手がはいりました。フリー走行でも元気なところを見せていただけにこの結果も当然かもしれません。フリー走行で元気だったピケ・ジュニア選手はQ3に進出しましたが10番手…