F1 イタリアGP 大雨の大波乱の中ベッテルが見事最年少PP!! そして予測不可能な優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 S・ヴェッテル トロロッソ 1:37.555
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:37.631
3 M・ウェーバー レッドブル 1:38.117
4 S・ボーデ トロロッソ 1:38.445
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:38.767
6 F・マッサ フェラーリ 1:38.894
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:39.152
8 F・アロンソ ルノー 1:39.751
9 T・グロック トヨタ 1:39.787
10 N・ハイドフェルド BMW 1:39.906
11 R・クビサ BMW 1:36.697
12 G・フィジケラ フォースインディア 1:36.698
13 D・クルサード レッドブル 1:37.284
14 K・ライコネン フェラーリ 1:37.522
15 L・ハミルトン マクラーレン 1:39.265
16 R・バリチェロ ホンダ 1:36.510
17 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:36.630
18 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:36.653
19 J・バトン ホンダ 1:37.006
20 A・スーティル フォースインディア 1:37.417

まず率直な感想を一つ、

これ、予想できませんよ。

だってそうでしょう、いくら波乱があるからと言って、勢いがあるからと言ってベッテルがPP取れるという予想はつかないでしょう。ベッテルは確かに勢いがあって最近では何度かQ3進出していますが、PPまでは予想つきません。しかもチームメートのボーデも4番手。昨年の富士以上の大波乱でした。ちなみにベッテルのPPはアロンソが持っていた最年少記録を抜いて史上最年少記録でPPを獲得という快挙を達成しました。末恐ろしい存在です。

もっと驚いたのはライコネンとハミルトンがQ2落ち。しかもそれぞれ14番グリッドと15番グリッド。決勝ではどんな戦いになるのかわかりません。何せ決勝も雨の予報が出ているので優勝だってありうるわけですから。

中嶋をはじめとした日本勢はトヨタ勢がQ3進出のみが目立ちました。雨の中嶋二世見てみたかったなぁという心残りがありました。

そしてQ1落ちの常連ともいわれるフォースインディア。なんとフィジケラがQ2進出したと考えるとこのレースがいかに波乱であったというのも窺えます。

さて優勝予想…ですが

全く当てになりません。誰が優勝してもおかしくないんですから。もう放棄していいですかぁといった感じです。しかしもう間もなく2年になる身分としてはここは予想しないといけません。

ではいきます。

本命:ハミルトン

対抗:コバライネン、ベッテル

要注意:ライコネン、マッサ、ボーデ、ウェーバー

大波乱はあれども、それを淡々としたレース運びで優勝するのがハミルトンといったところ。ここ数戦では優勝から遠ざかっているだけに優勝に対する思いはライコネン同様強いものでしょう(ベルギーでは優勝かと思ったらペナルティで逃しましたからねぇ)。それに雨のレースに強いマシンといえばマクラーレン。そう考えるとハミルトンが優勝をとるのではないのか。それに追随するのがチームメートのコバライネンといったところなので優勝はもぎ取りやすいのではないかと。

いつもは本命・対抗はフェラーリ、マクラーレン勢で毎戦占めていましたがベッテルに対抗を入れました。強豪勢のお家芸と言われたポール・トゥ・ウィンをトロロッソがやってのけるというのも見てみたいもので…。

最後にもう一回いいますが、今回のレースは何が起こるかわかりません。極端な例、フォースインディアが優勝するということもがんが得られますし、中嶋が優勝する可能性だってあります。どうなるか本当にわからないのが今週末のイタリアGPでしょう。

観ている人にとっては面白いのでいいんですがね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 【F12008】雨のイタリアGP予選、波乱の結末は史上最年少記録の誕生

    モンツァに降りしきる雨がイタリアGP予選に大波乱を巻き起こしました。なんとポイントリーダーのハミルトン選手がQ2で最下位の15番手でQ3に進めなかっただけでなく、クビサ選手、そしてライコネン選手もQ3進出を逃しています。マッサ選手のみがQ3に進出しましたが、それも10位というブービーメーカー! Q3でも6位と不本意な順位に終わっています。
    このような波乱の予選を締めくくったのは21歳のニューフェースのヴェッテル選手、ここ数戦入賞を繰り返して実力の片鱗を見せていましたが、雨の中で正確にマシンをコント…

  2. F1イタリアGPフリー予選結果

    ベッテルが史上最年少でのポールを獲得!
    Q2での波乱がこの結果を生んだのかもしれない。

  3. 第14戦イタリア・グランプリ予選結果

    イタリア・グランプリ予選(9.13)結果
    モンツァ・サーキット 1周5.793km(決勝53周306.720km)
    天候:雨 気温20度C、路面温度18度C

  4. 2008年F1第14戦イタリアGP公式予選結果【トロ・ロッソ ヴェッテルが快挙】

    2008年F1第14戦イタリアGPは2日目を迎え、午前中フリー走行3回目が開始されたものの再び雨に見舞われ、本格的なタイム計測が行われること…

  5. F1 イタリアGP予選〜雨の悪戯

    いよいよ残り5戦となった第14戦、イタリアGP。フリー走行から去年の富士を思い出させるような大雨となりました。モンツァの雨って余り記憶がありませんが、エンジンパワーがモノを言う高速サーキットでの雨ですから、マシンの性能差が縮まって面白い予選が見られるかも(^_^;)……

  6. F1イタリアGP予選結果

    F1第14戦イタリアGPの予選結果です!

  7. '08F1イタリアGP予選。

    変わりやすいスパ・ウェザーと異なり、安定した大雨(←?)だったF1イタリアGPinモンツァ予選。セバスチャン・ベッテルが史上最年少PPを獲得した。 ボーデも4位と地元トロ・ロッソの躍進が光る。 Q2でハミルトン、ライコネン、クビサといった有力ドライバーが脱落する波乱の展…..

  8. '08F1イタリアGP予選。

    セバスチャン・ベッテルが史上最年少PPを獲得した。