F1 日本GP ハミルトンが今季6回目のPP!! そして優勝予想


結果は以下の通り(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:18.404
2 K・ライコネン フェラーリ 1:18.644
3 H・コヴァライネン マクラーレン 1:18.821
4 F・アロンソ ルノー 1:18.852
5 F・マッサ フェラーリ 1:18.874
6 R・クビサ BMW 1:18.979
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:19.026
8 T・グロック トヨタ 1:19.118
9 S・ヴェッテル トロロッソ 1:19.638
10 S・ボーデ トロロッソ 1:20.167
11 D・クルサード レッドブル 1:18.187
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:18.274
13 M・ウェーバー レッドブル 1:18.354
14 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:18.594
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:18.672
16 N・ハイドフェルド BMW 1:18.835
17 R・バリチェロ ホンダ 1:18.882
18 J・バトン ホンダ 1:19.100
19 A・スーティル フォースインディア 1:19.163
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:19.910

ハミルトンが今季6回目のPP獲得しました。

しかもライバルのマッサが5番手スタートという不利な立場となっている分有利かもしれません。ただ決勝は何か起こるかわからない。しかしこのドライコンディションの富士はタイム差がそれほど開かないところから考えるとマッサはいかにオーバーテイクショーを展開していくのかが勝負です。ホームストレートあたりが勝負所かと。

トヨタ勢はトゥルーリが7番手、グロックが8番手。必ずしもいい位置とは言えませんが、表彰台狙えるかどうかというのも考えなくてはなりません。しかし先頭にはマクラーレンとフェラーリ勢。非常に難しいかもしれませんが、荒れればどうなるかわかりません。

トロロッソの2台もQ3進出。ベッテルは昨年辛酸をなめている分、どのようなレース展開になるのかというのも見どころでしょう。

注目の中嶋は14番手。フリー走行の成績からしてあまりいい位置ではありません。決勝はドライコンディションとなる分オーバーテイクショーが難しいので、ポイント獲得が難しいものとなるでしょう。しかしめげずにポイント獲得に向けて、できたら表彰台獲得に向けて頑張ってもらいたいものです。

余談…中嶋が走るたびに実況(塩原氏)は中嶋(父)に一言ふるのはいかがなものかと。

ホンダ勢はQ1落ち。マシンのパフォーマンスが良かったらといいたいところですが、決勝での巻き返しに期待したいところです。

さて優勝予想。

本命:ハミルトン

対抗:ライコネン、コバライネン

要注意:マッサ、グロック、アロンソ

ドライコンディションと考えるとハミルトンがポール・トゥ・ウィンが堅いかと、そこでライコネンやマッサのフェラーリ勢が一発の速さで追いつけるかどうかがカギといったところ。グロックをここに入れたのはフリー走行の成績から8番手からのオーバーテイクショーで表彰台の可能性があるのではないかという考えからです。

1コーナーの勝負もそうですが、ホームストレート上でのオーバーテイクバトルが注目するところですね。

あとはタイヤ戦略といったところかもしれません。フェラーリやマクラーレンがどのような戦略を仕掛けてくるのだろうかというところも注目です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 日本GP予選結果

    期待したトヨタと中嶋は不発に終わった。中島はQ2で沈み、トヨタは7,8番手。
    やはりハミルトン&マクラーレンは富士に合っているようだ。ポール獲得、コヴァライネンの3位。

  2. F1日本GP予選結果

    F1第16戦日本GPの予選結果です!

  3. 【F12008】日本GP予選、ハミルトンがポール、トヨタは7,8番手スタート

    午前中の雨もあがりドライコンディションとなった富士スピードウェイ、期待の中嶋選手はQ3進出ができませんでしたが、Q2では絶好調のグロック選手がトップタイムをマークしてQ3へ期待を持たせました。
    グロック選手の初ポールの可能性もあるのではと思ったQ3ですが、結果はハミルトン選手、ライコネン選手がフロントロー獲得と今までのF1と変わらない結果、ただしアロンソ選手が意地の4番手タイムをマークしてマッサ選手の前に滑り込みました。マッサ選手、逆転チャンプはかなり厳しいかもしれませんね。
    公式予選

  4. 【F12008】日本GP予選、ハミルトンがポール、トヨタは7,8番手スタート

    午前中の雨もあがりドライコンディションとなった富士スピードウェイ、期待の中嶋選手はQ3進出ができませんでしたが、Q2では絶好調のグロック選手がトップタイムをマークしてQ3へ期待を持たせました。
    グロック選手の初ポールの可能性もあるのではと思ったQ3ですが、結果はハミルトン選手、ライコネン選手がフロントロー獲得と今までのF1と変わらない結果、ただしアロンソ選手が意地の4番手タイムをマークしてマッサ選手の前に滑り込みました。マッサ選手、逆転チャンプはかなり厳しいかもしれませんね。
    公式予選

  5. '08F1日本GP予選。

    グロックや一貴は残念ながらフリーの結果が予選に反映されなかった。 今回の予選は、基本的にマシンの戦闘力順にきれいに並んでいる。 つまり、チームメイトと差があるところは腕の違いが現れている可能性が高い。 もちろんタイヤ選択のミスもあるようだが。 予想通り、タイ…..

  6. 10.11 夜/ F1ハミルがPP。三浦容疑者が自殺。アイスランド身売り。BIG3→2。日ハム

    紅葉情報
    F1日本GP ハミルトンがPP、中嶋は14位
    2008年10月11日17時29分
    ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
    予選14位の中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)
     自動車のF1シリーズ第16戦、日本グ…

  7. R.16やはりポールはハミルトン

    F1日本グランプリのポールはハミルトンに決定です。やはり予想通りでした。安定したマシンで周回数を押さえつつもポールを取ってます。 予想外だったのはフェラーリのライコネン。なんと2番手です。まさかここまであがってくるとは思ってませんでした。よく言われてるもうや…..