元F1ドライバーが大統領選挙に出馬

これは投稿しないわけにはいかない。

元F1ドライバーが大統領選挙に出馬

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000000-fliv-moto

http://www.topnews.jp/f1/8886.html

アルゼンチンの新聞『Buenos Aires Herald(ブエノスアイレス・ヘラルド)』は、12回のグランプリ優勝経験者で、最後の優勝は1981年だったカルロス・ロイテマンが、アルゼンチンの2011年次期大統領選挙に立候補すると表明したと伝えている(一部抜粋)。

F1ファンでカルロス・ロイテマンといえば特に際立つのが「F1デビュー戦ポールポジション」でしょう。過去にその偉業を達成した人は4人(F1最初のレースでPPをとったジュゼッペ・ファリーナを除けば3人)で、マリオ・アンドレッティジャック・ヴィルヌーブと名を連ねています。

上記のように12勝したものの、1度もチャンピオンをとれなかったことから、スターリング・モスに匹敵する「無冠の帝王」としても有名でした。

ここまではちょっとF1としてマニアックな内容でしたが、調べてみたらロイテマンは以前にも大統領選に出馬していたので今回は2度目の出馬だそうです。もしロイテマンが大統領になったら・・・、現実的なものとしては「アルゼンチンGPの復活」を掲げるかもしれません。それと「最速の大統領」という異名までもらったりして(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク