F1 モナコGP バトンが今シーズン4回目のPP!! そして優勝予想


結果は以下の通り(GPUpdate.netより)

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 J・バトン ブラウンGP 1:14.902
2 K・ライコネン フェラーリ 1:14.927
3 R・バリチェロ ブラウンGP 1:15.077
4 S・ヴェッテル レッドブル 1:15.271
5 F・マッサ フェラーリ 1:15.437
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:15.455
7 H・コヴァライネン マクラーレン 1:15.516
8 M・ウェーバー レッドブル 1:15.653
9 F・アロンソ ルノー 1:16.009
10 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:17.344
11 S・ブエミ トロロッソ 1:15.833
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:15.837
13 G・フィジケラ フォースインディア 1:16.146
14 S・ボーデ トロロッソ 1:16.281
15 A・スーティル フォースインディア 1:16.545
16 L・ハミルトン マクラーレン 1:16.264
17 N・ハイドフェルド BMW 1:16.264
18 R・クビサ BMW 1:16.405
19 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.548
20 T・グロック トヨタ 1:16.788

やはりバトンは強かった。フェラーリが復調傾向でもバトンはキッチリとPPをとるという強さ。もうこの時点でチャンピオンの様相見せています。

さっきも言ったようにフェラーリも王者の威厳を取り戻しつつあるライコネンのフロントロー獲得。マッサもトラフィックに悩まされましたが、5番手につけています。

中嶋が今季初のQ3進出。とはいえもう少し上を狙ってほしかったという考えもあります(ちなみにチームメイトのロズベルグは6番手)。

気掛かりなのはトヨタとBMW。マシンがよくなかったが、この位置にいるほどひどくはなかったマシンですからよほどのことかもしれません。決勝もあの抜きにくいコースとして知られるモンテカルロ。どこまで挽回できるのか心配です

※ なおハミルトンはギアボックスチェンジのため5グリッド降格。ハミルトンが最後尾でBMWとトヨタの2台がそれぞれ1グリッドずつ前でのスタートとなります。

さて優勝予想。

本命:バトン

対抗:ライコネン

要注意:バリチェロ、ヴェッテル

抜きにくいコースなのでライコネンとバリチェロの2位争いが注目されるところ、バトンは大差で逃げ切って今季5勝目というような感じです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. モナコGP予選

    伝統のモナコGPもポールはバトンが獲りました。いやぁ強い。Q3終盤のライコネンとのタイムの出し合いは圧巻でした。
    Q3中盤までは「今回は駄目かも」と思ってましたが、最後の最後で決めてきました。2番手ライコネンとのタイム差は25/1000秒!しかし、最後に…

  2. F1 モナコGP予選〜キ・ヨ・ハ・ラ

    今期第6戦目となる伝統のGP、モナコ。地上波の中継では毎年のように関係なさそうな芸能人が現地に行ったりしているんですが、今年はなんと清原和博でした。現役時代とは打って変わった柔和な表情や、黒く焼けた肌に新庄並みの真っ白い歯が違和感満点でしたが、フェラーリピッ……

  3. 【F12009】モナコGP、バトンが今シーズン4回目のポールポジション

    もはやブラウンGPの速さは本物です。バトン選手が今シーズン4回目のポールポジションを獲得しました。中嶋選手も今シーズン初めてQ3に進出しましたが、10位に終わっています。
    結果は → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2727