F1 イギリスGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

F1サーカスもいよいよ記念すべき第1戦の開催地イギリス・シルバーストーンにやってまいりました。この「第1戦」というのは今から59年前の1950年5月に「Foumula 1(通称:F1)」として開催されたサーキットです。F1にとっても縁のあるサーキットです。

同時に昨年ワールドチャンピオンをとったハミルトン、今季7戦6勝と波に乗っているバトンの母国でもあります。

バトンも当然母国GPを制したい気持ちもあり、さらに甘んじていたレッドブル、フェラーリも勝利への執念は凄まじく、今回も見逃せない戦いとなるでしょう。

さて、フリー走行結果といきましょう。結果は以下の通りです(GPUpdate.netより)。

1回目

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 S・ヴェッテル レッドブル 1:19.400 20
2 M・ウェーバー レッドブル 1:19.882 19
3 J・バトン ブラウンGP 1:20.227 20
4 R・バリチェロ ブラウンGP 1:20.242 29
5 F・アロンソ ルノー 1:20.458 26
6 F・マッサ フェラーリ 1:20.585 32
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.471 23
8 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.050 26
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.815 32
10 G・フィジケラ フォースインディア 1:20.838 25
11 A・スーティル フォースインディア 1:20.913 22
12 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.029 22
13 N・ハイドフェルド BMW 1:21.103 24
14 K・ライコネン フェラーリ 1:21.179 27
15 S・ボーデ トロロッソ 1:21.384 23
16 T・グロック トヨタ 1:21.386 32
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.489 26
18 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:21.525 30
19 S・ブエミ トロロッソ 1:21.590 37
20 R・クビサ BMW 1:21.801 16

2回目

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 S・ヴェッテル レッドブル 1:19.456 39
2 M・ウェーバー レッドブル 1:19.597 35
3 A・スーティル フォースインディア 1:20.141 41
4 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:20.209 36
5 F・アロンソ ルノー 1:20.237 36
6 R・バリチェロ ブラウンGP 1:20.244 26
7 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.417 35
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.458 40
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.468 42
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:20.608 37
11 R・クビサ BMW 1:20.622 23
12 H・コヴァライネン マクラーレン 1:20.733 37
13 T・グロック トヨタ 1:20.762 37
14 J・バトン ブラウンGP 1:20.767 28
15 N・ハイドフェルド BMW 1:20.932 35
16 S・ボーデ トロロッソ 1:20.945 36
17 F・マッサ フェラーリ 1:21.002 37
18 K・ライコネン フェラーリ 1:21.132 38
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.413 40
20 S・ブエミ トロロッソ 1:21.668 37

なんとレッドブルが2回続けて1‐2という結果でした。特にヴェッテルは前戦・トルコGPの雪辱もあるのか2回連続のファステストを記録しました。

中嶋が2回目に4位も好調であるという表れでしょう。これまでノーポイントであっただけに今回は何が何でもポイントを取っておきたいところ。

レッドブル以上に驚くべきなのはフォースインディアのスーティル。2回目でレッドブルの後ろとなる3番手につけました。

さてPP予想といきましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:バトン

要注意:ウェーバー、バリチェロ

フリー走行の結果からしたらヴェッテルが好調ということから本命にしました。ただ一筋縄でいかないのが予選。ここまで調子のいいバトンがPPを奪うという可能性も少なくないでしょう。

————————————

さて話は変わりまして、FOTA(フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション)所属の8チームが今季限りでF1を撤退し、新シリーズを立ち上げるというニュースが飛び込んできました。

予想はしておりましたが、まさかこんな時期になるとはという思いです。

詳しい感想については後々ブログにUPいたします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1世界選手権 第8戦イギリスGP P2

    またなんだか分からない状況になってるのか。
    P2の解説がドライバー&ツルピカ副編集長じゃなかったな。
    今週末はどっかでスーパーGTかFポンがあるのか。
    そしてやっぱりレッドブルはトラブルが。
    ここまでほぼ毎回プラクティスでトラブル出るってすごいな。
    んで、予選では(ベッテルの価値を上げようという意図も含まれてそうな気がしないでもないけど)一発アタックと。
    実況解説にあったように、レッドブルを除いて上位になってるところはそれぞれのドライバーで順位差が大きいなぁ。
    1時間セ…

  2. 【F12009】イギリスGP、フリー走行はレッドブル勢が席巻

    イギリスGPはレッドブル勢が速さを見せつけ1、2回目ともトップ2を独占しました。そんな中、中嶋選手も2回目で4番手タイムをマークしています。
    フリー走行1結果 → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2799
    フリー走行2結果 → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2800

  3. F1 イギリスGP フリー走行

    1、2回目ともベッテル、ウェーバーのレッドブル勢が1-2体制!今年はイギリスGPから流れが変わるか注目である。