F1 イギリスGP ヴェッテルが2戦連続PP! そして優勝予想


結果は以下の通り(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 S・ヴェッテル レッドブル 1:19.509
2 R・バリチェロ ブラウンGP 1:19.856
3 M・ウェーバー レッドブル 1:19.868
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.091
5 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:20.216
6 J・バトン ブラウンGP 1:20.289
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.361
8 T・グロック トヨタ 1:20.490
9 K・ライコネン フェラーリ 1:19.010
10 F・アロンソ ルノー 1:20.741
11 F・マッサ フェラーリ 1:18.927
12 R・クビサ BMW 1:19.308
13 H・コヴァライネン マクラーレン 1:19.353
14 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:19.392
15 N・ハイドフェルド BMW 1:19.448
16 G・フィジケラ フォースインディア 1:19.802
17 S・ボーデ トロロッソ 1:19.898
18 A・スーティル フォースインディア 1:19.909
19 L・ハミルトン マクラーレン 1:19.917
20 S・ブエミ トロロッソ 1:20.236

ヴェッテルが2戦連続4回目のPPをとりました。母国GPとなるバトンは6番手と振るわず、さらに悲惨なのはハミルトン。途中でのミスもありましたが、Q1でスーティルが大クラッシュを喫したことにより赤旗ストップ。その影響を受けての19番手となってしまいました。おそらくこのQ1のゴタゴタで一番割を食ったのはハミルトンだったように思えます。

中嶋が波乱のあったQ1でファステスト。さらに自己ベストとなる5番手スタート、7戦6勝と波に乗っているバトンの前でのスタートなので良い位置でありますが、決勝のスタートから1コーナーでどこまでバトンを封じ込められるかというのが課題となりそうです。相手は調子のいいバトン。さらに中嶋の真後ろにはチームメートのロズベルグ。一筋縄ではいかないでしょう。

トヨタ勢はトゥルーリが4番手。こちらも表彰台の可能性があるようです。

さて優勝予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:ウェーバー

要注意:トゥルーリ、中嶋

ヴェッテルのポール・トゥ・ウィンは外せないでしょう。ただバリチェロがどこまで食い込んでいくのか、はたまたチームメートのウェーバーもどのように追い詰めるのかが注目です。

中嶋は前述のとおり第1コーナーがカギとなってきそうです。ただ運次第かもしれませんが日本人としては5年ぶりの表彰台というのも現実味を帯びてくるレースなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1世界選手権 第8戦イギリスGP 予選

    来た来た来た来た来た来たああああああああああ!
    最後の最後の1周は力入ったなぁ(笑)
    PP争いはライコネンのせいで(!?)ベッテルが獲得。
    ベッテルの方が軽く積む傾向が強いとは言え、予選対ウェバーで今季負けなしなのね。
    すげーなぁ。
    表情見ててもいい感じだし、速いし、若いし、裏工作とかするようなタイプじゃなさそうだし、嫌いになる理由は一つもなく大好きなドライバーだけど、ここはこれまで同様あえてウェバーを応援する(笑)
    2番手バリチェロ、ブラウンによるガス抜き説。
    というのは…

  2. F1 イギリスGP予選〜ラッキーボーイ?

    今シーズン8戦目となるF1イギリスGP予選。夜起きていられないので録画鑑賞しました(^_^;)
    冒頭で遂にFOTAvsFIAの件がTVでも放送されましたが・・・ まあこの手の話はいつも多かれ少なかれありますし、‘み’が把握している中でもFISAvsFOCAのような大昔まで遡れますから、…….