F1 ドイツGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想

富士スピードウェイが日本GPから撤退し、FIAとFOTAの対立が激化する中、3週間ぶりにF1GPがはじまりました。

今回は2年ぶりにドイツ・ニュルブルクリンクでの開催。2年前と言うと突発的な大雨による大波乱でスポット参戦のドライバーがレースをリードし、最後の最後でトップ争いをし、表彰式前にも一波乱とコース内外で楽しませてくれたGPでした。

そうでなくてもここのコースはカーブの多いサーキットながらも、オーバーテイクも比較的多いサーキットです。スピードとバトル、それを大いに楽しませてくれるサーキットです。

さてフリー走行の結果はどうなったのでしょうか。結果は以下の通りです(GPUpdate.netより)。

1回目

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 M・ウェーバー レッドブル 1:33.082 19
2 J・バトン ブラウンGP 1:33.463 18
3 F・マッサ フェラーリ 1:33.745 21
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:33.795 23
5 G・フィジケラ フォースインディア 1:33.839 26
6 K・ライコネン フェラーリ 1:33.840 23
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:33.902 26
8 S・ヴェッテル レッドブル 1:33.909 13
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:33.952 25
10 F・アロンソ ルノー 1:34.148 16
11 N・ハイドフェルド BMW 1:34.221 25
12 R・バリチェロ ブラウンGP 1:34.227 17
13 L・ハミルトン マクラーレン 1:34.483 14
14 R・クビサ BMW 1:34.694 23
15 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:34.738 24
16 S・ボーデ トロロッソ 1:34.827 27
17 S・ブエミ トロロッソ 1:34.878 28
18 H・コヴァライネン マクラーレン 1:34.893 26
19 T・グロック トヨタ 1:34.911 23
20 A・スーティル フォースインディア 1:35.092 6

2回目

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:32.149 23
2 S・ヴェッテル レッドブル 1:32.331 31
3 J・バトン ブラウンGP 1:32.369 32
4 M・ウェーバー レッドブル 1:32.480 28
5 J・トゥルーリ トヨタ 1:32.511 32
6 A・スーティル フォースインディア 1:32.585 32
7 R・バリチェロ ブラウンGP 1:32.664 26
8 F・アロンソ ルノー 1:32.774 24
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:32.872 32
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:32.992 29
11 N・ハイドフェルド BMW 1:33.012 36
12 F・マッサ フェラーリ 1:33.052 34
13 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:33.128 34
14 R・クビサ BMW 1:33.161 28
15 T・グロック トヨタ 1:33.172 34
16 K・ライコネン フェラーリ 1:33.182 29
17 H・コヴァライネン マクラーレン 1:33.724 27
18 S・ブエミ トロロッソ 1:33.903 30
19 S・ボーデ トロロッソ 1:34.025 30
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:38.877 3

相変わらずブラウンGPとレッドブルが強いという印象ですが、2回目はマクラーレンのハミルトンがトップタイム、1回目ではフェラーリのマッサが3番手につけているので2強はうかうかしていられないでしょう。

さてPP予想といきましょう。

本命:バトン

対抗:ヴェッテル

要注意:ウェーバー、トゥルーリ

順当に行ったらこんなところじゃないかと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク