F1 シンガポールGP 完走14台、波乱のレースを制したのはハミルトン!!

結果は以下の通り(GPUpdate.netより)

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:56:06.337
2 T・グロック トヨタ + 9.634
3 F・アロンソ ルノー + 16.624
4 S・ヴェッテル レッドブル + 20.261
5 J・バトン ブラウンGP + 30.015
6 R・バリチェロ ブラウンGP + 31.858
7 H・コヴァライネン マクラーレン + 36.157
8 R・クビサ BMW + 55.054
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 56.054
10 K・ライコネン フェラーリ + 58.892
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 59.777
12 J・トゥルーリ トヨタ + 1:13.009
13 G・フィジケラ フェラーリ + 1:19.890
14 V・リウッツィ フォースインディア + 1:33.502
Did not finish
15 J・アルグエルスアリ トロロッソ + 14 laps
16 S・ブエミ トロロッソ + 14 laps
17 M・ウェーバー レッドブル + 16 laps
18 A・スーティル フォースインディア + 38 laps
19 N・ハイドフェルド BMW + 42 laps
20 R・グロージャン ルノー + 58 laps

ハミルトンは様々なレースで強い力を発揮するのですが、とりわけこういった波乱のレースでポールをとり、荒れたレースを尻目に淡々とレースを制すということを考えると、荒れたレースであればある程、強さを発揮すると思います。

すでにチャンピオンの可能性はなくなりましたが、ディフェんデングチャンピオンの意地を見せた今季2勝目でした。

最近パッとした活躍がなかったトヨタ勢も、息を吹き返した表彰台獲得となりました。自薦はいよいよ日本グランプリ、凱旋レースを前にグロックが花を添えました。

前回覇者のアロンソも意地の表彰台獲得。タイトルスポンサーを失いましたがそれをもろともしない強さを見せつけました。

ブラウン勢はバトンが5位、バリチェロが6位フィニッシュ。ポイントランキングも、

1.  J・バトン 84
2.  R・バリチェロ 69
3.  S・ヴェッテル 59
4.  M・ウェーバー 51.5

と15点差に広がりました。単純に考えるとチャンピオンの可能性があるのは3位のヴェッテルまでチャンスがあるといいますが、ブラウンGP2人の戦いとなるでしょう。早ければ次戦日本GPでバトンがバリチェロに対し5ポイント以上つけたらチャンピオン確定となります。

日本GPでチャンピオン確定という様相ですが、私の勘ではブラジルまでもつれるのではないかと。2005年以降ずっとチャンピオンが決まったところですから(そんなこと言ってたら日本GPだって何度もチャンピオン確定となったレースがありましたって言われますね)。

中嶋はなかなか初ポイントに届きません。次戦は日本GP。ここでポイント獲得といきたいところですが…。

最後にもう一つ、BMWのハイドフェルドがリタイアに伴い、連続完走記録が41でストップしました。41戦リタイアすることなく完走をするのはミスをしない以外にも、マシンにも気を使わなければいけないためなかなか達成できない金字塔を打ち立てたといったもいいのではないでしょうか。

次戦は1週間後、日本・鈴鹿!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 09F1第14戦シンガポールGP決勝。

    新嘉坡 #63674;(゚▽゚*)>シャキーン!!#63903; 2009年F1第14戦シンガポールGPが9月27日(日)、マリーナ・ベイ・サーキット(1周/5.067km、27日決勝61周/308.950km)で3日目を迎え、現地時間20時(日本時間21時)から決勝が行われた。 …

  2. 41戦でストップ

    シンガポールGPは長いな(笑)。
    モナコGPみたいに、
    周回数を減らしてもいいんじゃない?
    雨が降ったら、
    確実に2時間ルールで終わっちゃうよね。
    フェラーリは散々でしたが、
    開発も止めちゃったし仕方ないかな…。
    10位ライコネン、13位フィジケラって見ると
    あんま差…

  3. 2009F1-新嘉坡GP “壮絶美的夜景疾走亜細亜編” 

    2009F1-新嘉坡GP “壮絶美的夜景疾走亜細亜編” 地上波独占 独断軽薄的地

  4. PS3 F1 より:

    PS3 F1

    PS3 F1の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「PS3 F1」へ!

  5. chibiaya日記 より:

    F1 2009 シンガポールGP

    早めの放送時間で助かります (笑) 予選終盤にクラッシュしたものの、一応 5 番

  6. Kyan's BLOG IV より:

    F1GP2009 シンガポール

    シンガポールGPはハミルトンがポールTOウィン: FMotorsports F1 ## 09/27 23:45追記 勝ったのはマクラーレンのハミルトン

  7. Calcio.info より:

    F1:キミはクール、アロンソ意味深

    ●F1シンガポールGP戦で、ポイントなしのフェラーリ。いつものようにリアリストのキミ・ライコネンは、あれ以上やれなかったと話している。ともかく、予選順位が悪すぎました。
    レースではアクシデントによるセーフティーカー介入あり、上位争いではタイム差が縮まったものの、中盤にいたマシンには苦しく。
    -「マシンが滑り易かったし、グリップを持てず。最終部分では、ソフトタイヤで状況は少し改善したが、もはや遅すぎたよ。自分は中嶋の軌道に入り、2度追い越しをしかけたんだ。だがここでは前がミスを犯さない限り、マシン…

  8. ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウイン!!  F1シンガポールGP決勝

    唯一のナイトゲーム、シンガポールGPはフリーから好調の
    ハミルトンがポール・トゥ・フィニッシュで今季初優勝。。
    昨年王者、意地の一勝。

  9. R_Blog O2 より:

    2009年F1第14戦、トヨタ日本GP目前で復活2位

    2009年F1第14戦シンガポールGP。 1位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン

  10. 2009F1 第14戦 シンガポールGP

    シンガポールGPのお話。

  11. erabu より:

    F1第14戦シンガポールGP

    シンガポール市街地コース、61周。ナイトレース。 ・大事件が起こっていた。FMo

  12. 1stRow_F1 より:

    2009年第14戦シンガポールGP

    シンガポールGPはハミルトンがポール・トゥー・ウィンで勝利、ロズベルグ、ベッテル

  13. F1 シンガポールGP(ライバル)

    ドライバーズ・ポイントで1位2位を独占するブラウンGPのバトン、バリチェロ。チーム内争いは徐々にリアルに。公式予選の結果は次のとおり。1位:ハミルトン(マクラーレン)2位:ベッテル(レッドブル)3位:ロズベルグ(ウィリアムズ)4位:ウェーバー(レッドブル)5……

  14. ハミルトン勝利の女神復活で優勝!シンガポールGP

    勝利の女神が還ってきた。
    前回のイタリアGP、最終周でクラッシュしたハミルトン。よく見れば、お父さんの隣にいつもいる美女がいない。今回のシンガポールGPは、その美女が復活している。そのせいか?ハミルトンは見事ポール・トゥ・ウインを成し遂げた。…

  15. PS3 F1 より:

    PS3 F1

    PS3 F1の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「PS3 F1」へ!

  16. F1シンガポールGP・・・ハミルトンがポール・トゥー・ウィン、グロックが2位

    上空のヘリからの映像では美しい眺めなのですが、地上を映した画面は、これまたなんとも・・・TVででも埃がわかるくらいだったので、相当だったのでしょうね。近くでビル等の建設が相次いでいるのが原因だそうですが、ただでさえ市街地の公道でのナイトレースはいつも以上にドライバーが神経を磨り減らすでしょうに、このコースの汚れはいったい何の罰ゲームなのでしょう?大きな事故がなくてとにかくホッとしました、というのが今日のレースの一番の感想です。建設会社の仕事があるだけ景気もそれなりというのはいいことですが、レースを招…

  17. 09F1第14戦シンガポールGP決勝。

    \(゚▽゚*)>シャキーン!!
    Pos No ドライバー マシン 周回 タイム/差 Grid 得点
    1 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 61   1 10
    2 10 ティモ・グロック トヨタ 61 +9.6秒 6 8
    3 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 61 +16.6秒 5 6
    4 15 セバスチャン・ベ……

  18. 2009 F1 第14戦 シンガポールGP

    昨年はクラッシュゲート事件というスポーツにあるまじき行為があり荒れたシンガポール。公道レースだけに逃げの一手&SC時のフレキシビリティが重要です。
    ↓決勝結果↓