F1 アブダビGP ヴェッテルが今季5勝目、23歳4ヶ月で最年少ワールドチャンピオン達成!!


結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round19_final

4強決戦は今回の優勝以上に白熱したものでした。今回はヴェッテルのポール・トゥ・ウィンだったのですが、チャンピオン争いはその後ろのアロンソやウェーバーの順位次第で違ってくるからです。

アロンソはピット戦略ミス、そして終始ルノーのペドロフに押さえ込まれるという事態で、順位を落とし続け、7位フィニッシュ。予選3番手で速さは見せていたのですが、戦略ミスやオーバーテイクのミスが祟ってしまった、何よりもそれによりアロンソが終盤焦っていた所が印象的でした。2005・2006年とチャンピオンを取っている人間でも不利な状況になると心が乱れてしまうのですね。

一方ウェーバーはアロンソをオーバーテイクできず、終始淡々とした展開で8位フィニッシュ。

今回のキーマンはルノーのペドロフといえます。ペドロフは自分よりも速いアロンソを終始押さえ込む活躍を見せました。これまではクビサに大きく遅れを取ってしまい、あわや今シーズン限りでシートを失ってしまうという噂も囁かれていましたが、ポイントも獲得し、そして今回の最終戦ではチャンピオンに関わる戦いに大きく関わってきただけに、評価は大きく高くなると思います。ルノー残留に向けて大きなプラスになったのではないでしょうか。

ヴェッテルは今回自分の仕事をし、後は天命を待つという所でしたが、その天命にも報われハミルトンの持つ最年少記録を更新し、23歳4ヶ月でワールドチャンピオンとなりました!!デビュー当時からチャンピオン候補と囁かれ、2008年ではトロロッソの車で初ポール、ポール・トゥ・ウィンを飾りました。2009年はチャンピオンこそは逃したものの、チャンピオン争いに関わる活躍を見せました。

今年のヴェッテルは途中、ミスも多くチャンピオンも遠のくのではないかと囁かれていました。しかし彼はあきらめませんでした。ヨーロッパラウンドの後、日本・ブラジル・アブダビと着実に優勝を勝ち取り着実にポイントを重ねました。そして何よりも今シーズン10PPと速さも見せつけました。四つ巴となる重要なレースを物にした強さはこれから大きな活躍をする糧となると思います。

チャンピオンの可能性を失ったバトンはスタートでアロンソをパスし、ハミルトンがヴェッテルをオーバーテイクできるよう専念させるサポートとして活躍しました。途中ヴェッテルのピットでラップリーダーとなりましたが、さすがレッドブル、と言うのを見せつけられたような気がします。10数秒のリードを持っていたのですが、ヴェッテルの速さでバトンがピットに入った時にはもうすでに8秒ほどにまでなってしまっていました。

可夢偉は途中3位にいたのですが、クビサやハミルトンに抜かれる始末でしたが、途中バリチェロやヴェッテルにオーバーテイクを仕掛けようとする活躍がありました。ピット戦略ミスが響いたのでしょうか、アブダビで2年連続ポイント獲得までには至りませんでした。

これまでずっとタイヤサプライヤーをになってきたブリジストンはこれで最後のレースでした。タイヤの観点からレース展開も教えてくれるなど、F1の戦いに大きな花を添えたと言っても過言ではありません。逆にそれがもう聞けなくなる、浜島氏の分析も聞けなくなるとちょっと寂しい気がします。ますは「お疲れ様」と言い、そして「また戻ってきてください」と言いたいですね。

今シーズンはまさに「混戦」という言葉が似合うと思います。新ポイントシステムとなり、去年の様な展開となれば、ミハエルの黄金時代の様に早い段階でチャンピオンが決まるのではないかと言われたのですが、思った以上に混戦となり、本当に面白いシーズンとなりました。

そして最終戦、ミスも多くチャンスも取り逃すことも多かったヴェッテルですが、最後の最後で着実に活躍し、大逆転。最年少チャンピオン、「凄い!」という言葉と「おめでとう!」という言葉しか浮かびませんでしたね。

おめでとう、ヴェッテル!

今シーズンの心残りとしては今回のレースが生放送にならなかったこと、そして日本GPが6年ぶりに生放送から外れたことが悔しかったですね(日本GPは冠スポンサーから外れた+決勝の時間帯が大きなネックになったようですが)。

今シーズンの総括は…、ベストレースの紹介とともに年末になると思います。そして来シーズンまでの間はストーブリーグなど随時ブログにupしようとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1-2010 巴林GP “最終決戦熱砂空力神戴冠編 ”

    F1-2010 巴林GP “最終決戦熱砂空力神戴冠編 ” 2010.11.14.

  2. F1最終戦 アブダビGP 決勝結果

    順位 No. ドライバー チーム 1 5 セバスチャン・ベッテル レッドブル 2 2 ルイス・ハミルトン マクラーレン 3 1 ジェンソン・バトン マクラーレン 4 4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 5 11 ロバート・クビサ ルノー 6 12 ヴィタリー・ペトロフ ルノー 7 8 フェルナンド・ア…

  3. F1 第19戦 アブダビGP 決勝

    いよいよ今期のF1も最終戦のアブダビGP。恒例のトワイライトレースでシーズンの締めくくりとなります。予選ではベッテルが逆転でポールGETとなり、ドライバーズタイトルの計算上の可能性がアロンソ-ウェーバー-ベッテル-ハミルトンと4人も残る大混戦。最終戦まで4人にタイト…….

  4. アブダビGPベッテル制覇し逆転で年間王者

    第19戦アブダビGPベッテル制覇し逆転で年間王者だ
    ベッテル制覇&2位ハミルトン&3位バトンだったが
    4位ロズベルグ&5位クビサ&6位ペトロフとなって
    7位アロンソ&8位ウェーバー&9位スワリだったが
    10位マッサまで見事ポイント獲得した形なったけど
    カムイ…….

  5. ベッテルが大逆転で史上最年少のF1チャンピオン獲得

    2010年のF1シリーズは、最終戦のアブダビGPを前に4人のチャンピオン候補がいるという大激戦であった。過去に3人のドライバーでチャンピオンを争うころはあったが、4人となると史上初めてではないだろうか。
    ただ、4番目のハミルトンの場合は、かなりの幸運が必要で実質的には3人の争いとみるのが妥当だと感じていた。そうなると、近年の場合、1987年はポイント3位であったプロストがマンセル、ピケを逆転してチャンピオンになり、そして2007年はこれまたライコネンが、ハミルトン、アロンソを逆転してチャンピオンに…

  6. R_Blog O2 より:

    2010年F1第19戦、祝!!史上最年少チャンピオン

    2010年F1第19戦アブダビGP。 1位 セバスチャン・ベッテル(レッドブル・

  7. E's Monologue. より:

    ベッテルが新ワールドチャンピオン獲得(第19戦アブダビ)

    2010年F1世界選手権、ワールドチャンピオンはレッドブルのS.ベッテルに輝きました。それまでF.アロンソが持っていた最年少チャンピオンの記録も破る見事な勝利でした。アブダビのヤスマリーナサーキットで行われたレース、ベッテルは優勝してもアロンソが5位以下でないとチャンピオンになれない等という条件付きでしたが、フェラーリは作戦に失敗、アロンソはじりじりと後退してゆきチャンピオン圏外に去り、ベッテルのチームメートであるM.ウェバーも振るわずに後退。終始トップを走り続けたベッテルがチェッカーを受けての見事…

  8. 2010 F1 アブダビGP 決勝

    2010年のF1第19戦は、最終戦のアブダビGP。
    F1唯一のトワイライトレースは、ヤス・マリーナ・サーキット。
    ここまでのドライバーズポイントは、アロンソが246P、ウェーバーが238P、ベッテルが231P、ハミルトンが222P。
    4人のドライバーが、チャンピオン獲得の…….

  9. ハミルトン敢闘の2位<F1アブダビGP>

    悔しいけど、いいレースだった!
    奇跡を信じて、挑んだアブダビGP。ハミルトンは優勝することはできずチャンピオンはレッドブルのベッテルとなった。今季はFダクトをいち早く取り入れるなど戦闘力の高いマシンに恵まれ、優勝や1−2フィニッシュを幾度と無く決めた。しか……

  10. 2010年 F1 第19戦 アブダビGP決勝。

    F1GP #63674;(゚▽゚*)>シャキーン!!#63903; F1最終戦アブダビGPが14日(日)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

  11. 2010年シーズン終了

     あっちゅう間の8カ月、ついに2010年シーズンが終わってしまいました。地上波をご覧の方は、まだ結果を見てないですよね?なので、以下はネタばれになりますので、ご注意ください('-'*)エヘ
     優勝は、ヴェッテル。ポール・トゥ・ウィンですね。以下、2位がハミルトン、3位…….

  12. 2010年シーズン終了

     あっちゅう間の8カ月、ついに2010年シーズンが終わってしまいました。地上波をご覧の方は、まだ結果を見てないですよね?なので、以下はネタばれになりますので、ご注意ください('-'*)エヘ
     優勝は、ヴェッテル。ポール・トゥ・ウィンですね。以下、2位がハミルトン、3位…….

  13. ハミルトン敢闘の2位<F1アブダビGP>

    悔しいけど、いいレースだった!
    奇跡を信じて、挑んだアブダビGP。ハミルトンは優勝することはできずチャンピオンはレッドブルのベッテルとなった。今季はFダクトをいち早く取り入れるなど戦闘力の高いマシンに恵まれ、優勝や1−2フィニッシュを幾度と無く決めた。しか……

  14. おはようございます。
    チャンピオン争いに気をとられ、ブリヂストンの最後のレースだということを忘れていました。マクラーレンがセナ離脱後長期低迷していた時期に、ブリヂストンはマクラーレンに幅広タイヤを奨め、それが効果を発揮、マクラーレンは復活、当時のハッキネンがチャンピオンを取りました。その時の鈴鹿で、ブリヂストンの帽子かぶってブースのショーを見ていたら司会のお姉さんから指名され、レースクイーンと一緒に写真を撮った思い出があります。またF1から日本企業が去ると思うと寂しいですね。
    またF1情報を見に来ます。

  15. Kyan's BLOG IV より:

    F1GP2010 アブダビ

    時事ドットコム:フェテル、奇跡の大逆転=新世代が最年少王者に-F1アビダビGP 勝ったのはレッドブルのベッテル,2位にマクラーレンのハミルトン,3位にマクラーレンのバトン。

  16. F1アブダビGP2010

    1位 S.ベッテル レッドブル 2位 L.ハミルトン マクラーレン 3位 J.バトン マクラーレン 4位 N.ロズベルグ メルセデスGP 5位 R.クビサ ルノー 6位 V.ペドロフ ルノー 7位 F.アロンソ フェラーリ 8位 M.ウェバー レッドブル 9位 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 10位 F.マッサ…..

  17. erabu より:

    2010 F1最終戦(第19戦)アブダビGP

    ヤス マリーナ サーキット、55周。 ・史上初の4強決戦。・唯一のトワイライトレ

  18. 蔵前 より:

    >haruさん。
    いつもコメントありがとうございます。
    ブリジストンは、ハッキネンやシューマッハなどの輝かしいチャンピオンとともに歴史を刻んできました。
    ハッキネンの活躍、シューマッハの黄金期には決して書くことのできないブリジストン。2007年からはワンメイクとなってしまいましたが、ブリジストンの強さという物も見せてくれていたと思います。
    ブリジストンがいない、ひいてはF1で活躍する日本企業がまた一ついなくなると言うのは寂しいですが、日本人、日本メーカーがまたF1界を盛り上げてくれることを切に願っています。
    私もまた、haruさんのF1情報を見に来ます。

  19. ’10 F1アブダビGP

    セバスチャン・ベッテル、アブダビGPを制して史上最年少王者に!
    うん、おめでとうございます。
    おしまい。



    とまぁ、実際凹んでるのでアレコレ書きたい気分でもないのですが・・・
    取り敢えず、今日はかなぁ〜りしんどいレースでした。
    やっぱり最後の最後で車の戦闘力が足りてないことが露呈しちゃいましたよね。
    ま、そんな中でも最後まで予想外に王者争いが出来たのは本当に良くやったと思いますし、凄く楽しめたので良かったかなぁ〜と。
    良かったかなぁ〜と思うんですけど・・・
    やっぱり勝ちたかったです…

  20. アブダビGPWJ50号

    は19戦アブダビGPベッテル制覇で
    ベッテルが逆転で年間王者なり驚いたが
    カムイ予選12位だが14位ゴールとなり
    今季のカムイを見て来季が凄く楽しみだ…

  21. 2010F1 最終戦 アブダビGP

    最終戦の話

  22. 2010年 F1 第19戦 アブダビGP決勝。

    F1GP #63674;(゚▽゚*)>シャキーン!!#63903; F1最終戦アブダビGPが14日(日)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

  23. 2010年 F1 第19戦 アブダビGP決勝。

    \(゚▽゚*)>シャキーン!!
    順位No.ドライバーチーム 15セバスチャン・ベッテルレッドブル 22ルイス・ハミルトンマクラーレン 31ジェンソン・バトンマクラーレン 44ニコ・ロズベルグメルセデスGP 511ロバート・クビサルノー 612ヴィタリー・ペトロフルノー 78フ…….

  24. 2010年 F1 第19戦 アブダビGP決勝。

    \(゚▽゚*)>シャキーン!!
    順位No.ドライバーチーム 15セバスチャン・ベッテルレッドブル 22ルイス・ハミルトンマクラーレン 31ジェンソン・バトンマクラーレン 44ニコ・ロズベルグメルセデスGP 511ロバート・クビサルノー 612ヴィタリー・ペトロフルノー 78フ…….