日本タイトルだけ大賞2010 感想


遅くなってしまいましたが12月11日に開催された、「日本タイトルだけ大賞2010」に参加致しました。

昨年に引き続き参加致しましたが、何とも「タイトルだけ大賞」にふさわしい強烈なタイトルが勢揃い。ちなみに厳選された100のタイトルを紹介したのは、今年の7月に発売されたアプリ「朗読少女」の乙葉しおりちゃんでした。中にはここでは紹介できない物もあり、しおりちゃんも恥ずかしくて読めなくなると言うハプニング(?)に、審査員の一人であるdankogai氏が鋭いツッコミ。大爆笑の連続でした。

そんなこんなで大賞が決まり、この作品が選ばれました。

ちなみに昨年注目だった残念賞は…、

でした。

個人的には、山田真哉賞の作品に選ばれたこれ、



タイトル三段オチ。。。

続いて古瀬絵理賞のこちら、

えーと。。。スイカップっていわれていましたっけ?

タイトルだけ大賞は他にも2010年の出版業界や来年の展望についても熱く議論されていました。ブログやtwitterでは語ることのできない内容ばかりでした。Ustreamでも生中継されていましたが、本当にやばい時は音声を止めてといった配慮も(笑)。

笑いあり、学びありの充実した会でした。

今回実行委員を務められた、山田真哉様、上田様、ヨシナガ様、そして今回名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク