2011年大胆ヒット予測~5人のビジネス書ベストセラー作家が2011年を生き抜くビジネスサバイバル術を伝授! 感想


2月12日は「『2011年大胆ヒット予測』~5人のビジネス書ベストセラー作家が2011年を生き抜くビジネスサバイバル術を伝授!~」に参加いたしました

テーマは2011年のトレンドや経済やビジネスを徹底的に予想していこうという文字通りの企画、と同時に小山さんが主催する勉強会「SYNAPSE(シナプス)」の特別版として、有名ビジネス著者さんらがそれぞれプレゼン&パネルディスカッションを行う形式でした。では感想を短めに。

Ⅰ.原尻淳一

原尻さんはメインテリトリーである音楽業界とマーケティングについてのプレゼンでした。タイムオーバーで結論こそは聞けませんでしたが、業界やマーケティングのあり方がよくわかるプレゼンでした。

Ⅱ.午堂登紀雄

午堂さんは「立ち位置と時間軸」が印象的でした。他にもホームグラウンドとも言えるマネー市場などにも言及しておりました。

Ⅲ.千葉智之

今回はちばともさん自身の「三大ヒット予測」のプレゼンでした。とりわけ三つ目はこれから注視していかなければいけませんね(笑)。

Ⅳ.村井瑞枝

「図で考えるとすべてまとまる」で有名な村井さんらしく昨年のキーポイントを図解で示してくれました。見事にわかりやすく、かつ「痛快!」と言えるプレゼンでした。

Ⅴ.小山龍介

どのように予想するのか・・・と思いきや講演、というよりもなんと「ライブ」でした。まさか10分間のプレゼンをこういう風に使うとは…。

他にもグッドプレスの編集者や日経ビジネスアソシエの編集者、さらには慶應義塾大学准教授の金正勲(キン・ジョンフン)氏も登壇され、時にはためになり、時には大爆笑のイベントでした。

今回登壇された皆様、ためになるお話、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク