2011年 F1オーストラリアGP 開幕PPを奪取したのはヴェッテル!! そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「GPUpdate.net」より)

Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1. セバスチャン・ヴェッテル レッドブル 01:23.529 16
2. ルイス・ハミルトン マクラーレン 01:24.307 19
3. マーク・ウェーバー レッドブル 01:24.395 15
4. ジェンソン・バトン マクラーレン 01:24.779 18
5. フェルナンド・アロンソ フェラーリ 01:24.974 19
6. ヴィタリー・ペトロフ ルノー 01:25.247 18
7. ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 01:25.421 17
8. フェリペ・マッサ フェラーリ 01:25.599 18
9. 小林可夢偉 ザウバー 01:25.626 17
10. セバスチャン・ブエミ トロロッソ 01:27.066 15
11. ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 01:25.971 13
12. ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ 01:26.103 11
13. セルジオ・ペレス ザウバー 01:26.108 9
14. ポール・ディ・レスタ フォースインディア 01:26.739 16
15. パストル・マルドナド ウィリアムズ 01:26.768 17
16. エイドリアン・スーティル フォースインディア 01:31.407 15
17. ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ no time 12
18. ニック・ハイドフェルド ルノー 01:27.239 10
19. ヘイッキ・コヴァライネン ロータス 01:29.254 10
20. ヤルノ・トゥルーリ ロータス 01:29.342 12
21. ティモ・グロック ヴァージン 01:29.858 10
22. ジェローム・ダンブロシオ ヴァージン 01:30.822 8
23. ヴィタントニオ・リウッツィ HRT 01:32.978 11
24. ナレイン・カーティケヤン HRT 01:34.293 11

※ HRTの2台は107%ルールにより決勝での出走はできない。

「異次元の速さ」それをヴェッテルが体現させたと言うべき予選でした。Q3は10分のセッションでしたが、わずか4分で最速タイムをたたき出し、その後6分間、誰も更新できずにPP獲得となりました。

2番手以降はマクラーレンとレッドブル、アロンソが続いていますが速さの面ではヴェッテルが上を行っているようです。

しかし決勝は荒れたレースとして知られています。いくら速さに定評があるとは言えど、いきなりリタイアとなってしまっては元も子もありませんが。

それでは、優勝予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:ハミルトン

要注意:ウェーバー、アロンソ

ディフェンディングチャンピオンのヴェッテルにとってはここが正念場と言ったレースとなるでしょう。速さはNo.1ですが、昨年は自らもミスが多く、勝てるレースをフイにしてしまったと言うケースもありました。自ら獲得したPPを生かして優勝するレースを続けていけば連覇は間違いないと思いますが。

一方で波乱のレースに強いハミルトンも2番手につけています。ヴェッテルのミスがチャンスになる可能性もあるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 第1戦 オーストラリアGP 予選

    バーレーンGPがキャンセルされてしまい、繰り上がり開幕戦となったアルバートパークでのオーストラリアGP。史上最多タイの5人のワールドチャンピオン(ミハエル、アロンソ、ハミル …