2011年 F1マレーシアGP ヴェッテルが開幕から2戦連続PP獲得!! そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round2_qualifying

ヴェッテルが2戦連続PPを獲得しましたが、フリー走行からずっとトップタイムを張ってきた前戦とは違って、最後の最後という重要なところでトップタイムをたたき出す、という勝負強さを見せつけた予選だったように思えます。

マクラーレンやフェラーリもレッドブルに対抗できるような勢いを持っているので、決勝ではトップ争いが流動的になるかな、という期待もあります。

可夢偉は予選10番手。土曜のフリー走行から調子がよかったので、この勢いで、前戦の雪辱を果たし、初ポイントを狙ってほしいところです。

さて、優勝予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:ハミルトン

要注意:アロンソ、ウェーバー

地上波の放送でもあった通りコースはKERSやDRSの効果の表れやすいサーキットです。おそらく今回のレースでは、今年から導入・復活した2機能の使い方で明暗が分かれるレースとなりそうです。レッドブル・マクラーレン・フェラーリとタイム差は前戦より開きはありませんので、戦術や技術といった勝負になりそうです。新機能ばかりではなく、タイヤ交換にも注目です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 2011 第2戦 マレーシアGP 予選

    バーレーンのキャンセル(延期?)による繰上げで実質2戦目となったマレーシアGP。ブリヂストンに比べてライフが短いピレリで灼熱のサーキットを走る初のGPですから、予選からのタ …