成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書) 成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書)
波頭 亮

筑摩書房  2010-06-09
売り上げランキング : 9705

Amazonで詳しく見る by G-Tools

高度経済成長、「失われた10年」、戦後最長の好景気、リーマンショックと経済が善し悪し問わず流れていったのだが、「失われた10年」以降は経済的な成長が鈍化、もしくは後退をしている。景気と言うよりも「成長」という課程で「成熟化」したと言える時代となったといえる。

本書は経営で言う「成熟期」を迎えた日本でどのように経済、国家を運営していけばよいのかを考察しながら提言を行っている。

「成長」や「前進」と言った言葉が良く目につくが、「高度経済成長期」やバブルではめざましい成長を遂げた。その一方で「心」というのが蔑ろにされてしまった。むしろそれを気にする必要がなかったのかもしれない。

ではこれからの日本はどのような方向に進めばよいのか。それは「成長」や「裕福」よりも「心」や「環境」がキーワードとなる。本書を読んでそう思った。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク