2011年 F1カナダGP ヴェッテルがフェラーリ2台を振り切りPP獲得!! そして優勝予想

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round7_qualifying

申し訳ありません。UPが遅れてしまいました。

Q1・Q2では鳴りを潜めておき、PPを決めるQ3で速さを見せつけたヴェッテルがきっちりとPPを獲得していきました。「いつも速い」ばかりではなく、「ここぞという時」というタイミングのとらえ方も見事だったと思わせる様な予選でした。

フェラーリ勢も息を吹き返しつつある2-3。アロンソはともかくとして、ここ最近調子の悪かったマッサもそろそろ優勝の欲しい所。

可夢偉は予選13番手と中団ですが、そこからいつもポイントを獲得しているのでまずまずの位置と考えても良いかもしれません。

さて、優勝予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:アロンソ

要注意:マッサ、ハミルトン

コースの特性もさることながら、天候も考えると今回は荒れたレースになる可能性は高いです。ヴェッテルもその波乱に巻き込まれる可能性も少なくないことから、今回このレースをポール・トゥ・ウィンすると2年連続ワールドチャンピオンの可能性が一気に高まる、という位置づけのレースとなりそうです。

その面では波乱に強いハミルトンやアロンソが巻き返すという形もあり得ますし、ここ最近調子の悪かったマッサも土壇場の強さを見せつけると言うこともあり得そうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 2011 第7戦 カナダGP 予選

    毎年大荒れになるカナダGP。ピレリタイヤは前戦モナコ同様にソフト&スーパーソフトが供給されるとのことで、スプリントレースになるのかも・・・なんて思いながらも、予選は例に …