2011年 F1イギリスGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

いよいよF1シーズンも中盤戦。舞台はF1GP初開催の地であるイギリス・シルバーストーン。今年大きくリニューアルしたサーキットでどのような戦いが見られるか、注目です。

さて、フリー走行1・2回目の結果を見てみましょう。(「F1通信」より)

1回目

Round9_free1

2回目

Round9_free2

この日は午前・午後とも雨、しかも午前中からフリー走行2回目後半までは土砂降りだったそうです。波乱を予感させるコンディションの中で、1回目はウェーバー、2回目はマッサがトップタイムをマークしました。

ウェーバーはまだしも、マッサは確か雨に弱かったはずなのですが…。

一方の可夢偉はジェットコースターの様な1日だったように思えます。1回目はクラッシュ。しかし2回目は巻き返して3番手につけました。失敗を糧に「何か」を掴んだ、そのような1日だったように見えます。

さて、PP予想と行きましょう

本命:ハミルトン

対抗:ウェーバー

要注意:ヴェッテル、バトン

予選は雨の予報が出ています。しかし雨の量によって大きく左右される予選と言っても過言ではありません。そんな状況の中では「速さ」で勝つことは難しく、むしろそれに頼りすぎると痛い目に遭います。今回の予選は「速さ」と言うよりも、「雨に強い男」を決める予選だと考えられます。

その中でハミルトンやウェーバー、バトンは強さはあります。ヴェッテルも速さはありますが、今回の予選で「天候の強さ」を見せる大きな試金石と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク