イタリアGP 超高速の戦いの主役はやっぱりヴェッテル! 2年連続の2桁ポールの大台に!! そして優勝予想


結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round13_qualifying

超高速サーキットならではの「速さ」が魅せた予選だった印象です。ヴェッテルは他のドライバーよりも頭一つ速さがずば抜けていたと言う予選だったと思いますが、マクラーレン勢もメルセデスエンジンの強さが光り2-3とヴェッテルを囲う形となりました。

アロンソやウェーバー、マッサと続き、さらにはルノー2戦目となるセナも10番手につけています。

可夢偉はQ2までは言ったものの17番手と後方に沈みました。決勝のオーバーテイクショーを期待したい所ですがここ数戦は戦略ミスなどもあり、中々ポイント獲得できないでいるため、正念場と言えるかもしれません。

では、優勝予想です。

本命:ヴェッテル

対抗:ウェーバー

要注意:ハミルトン、バトン

速さが光るサーキットなだけにヴェッテルは鉄板でしょう。しかしティフォシの声援もあり、フェラーリのお膝元であるが故にタダでは終わらない、そのようなレースになると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 2011 第13戦 イタリアGP 予選

    F1もいよいよヨーロッパラウンド最終戦となった第13戦、モンツァでのイタリアGP。モンツァは言わずと知れた高速サーキットで、フェラーリのお膝元。実はピレリも30分くらいしかはな …