2012年 F1ヨーロッパGP アロンソが母国で今季2勝目達成!!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round8_final

序盤のスタートダッシュからヴェッテルの優勝が確実と思われました。しかし予想でも抜きにくいコースと言いましたが、こういった状況も起こりうることも考えていましたが、予想以上に順位が大きく入れ替わるという観点で観ればおもしろいレースだったと言えます。

まさかPPを獲得したヴェッテルが34周目にトラブルに遭いリタイアに追い込まれる羽目に。

しかしヨーロッパGPを地元スペインで開催されただけあり、11番手スタートで着実に順位を上げ、ヴェッテルがリタイアしたと同時にトップを奪い、そのまま優勝というまさに地元開催だったアロンソにあるようなレースだったように思えます。

2位・3位には元チャンピオンのライコネンとミハエルが着くというおまけ付き。2012年シーズンでありながらも、あたかも2005年や2006年シーズンと思ってしまうようなポディウムでした。

可夢偉は序盤4番手まで浮上し、あわよくば日本人史上3人目の表彰台獲得までチャンスはあったのですが、日本人ドライバーの宿命と言うべきか、それとも呪縛があると言うべきか、優勝予想で悪い予感を懸念していたのですが、その予想以上のことが起こってしまったと言うほかありません。しかもピットミスやクラッシュ、さらには再びクラッシュとリタイア。さらには次戦5グリッド降格ペナルティとまさに踏んだり蹴ったりのレースといえます。

これはあるイタリア誌で酷評されることは確実と言えます。来年のシートも危ういと言えるかもしれません。

次戦は2週間後、イギリス・シルバーストーン!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Kyan's BLOG V より:

    F1GP2012 ヨーロッパ

    アロンソ、母国で今季2度目の勝利! | ヨーロッパGP | F1ニュース | ESPN F1
    勝ったのはフェラーリのアロンソ,2位にロータスのライコネン,3位にはなんとメルセデスの,復帰後初表彰台のシューマッハ。…

  2. 豪華な表彰台

     いやはや、近年稀に見る荒れたレースとなったヨーロッパGPであった。マシントラブル有り、アクシデント有り、ペースカー有りと、レースを慌ただしくも面白くする要素満載の久し振りに面白いレースとなったが、終わってみれば表彰台には超ベテランの3人。 この3人が最後……

  3. スペイン人のためのヨーロッパGPだったような気がした

    今シーズンで8番目のF1勝者は生まれなかった。アロンソがまさかの優勝をとげ、今シーズンの2勝目を地元スペインで開催されたヨーロッパGPで成し遂げた。
    予選11番手、Q3に進めなかったポジションからのスタートであったアロンソであるが、スタートで順位をシングルにあげて追い上げを開始、途中セーフティカーがはいり、上位との差をつめる幸運もあったが、これも実力のうちと言えるのかもしれない。
    最後は、ライコネンの追い上げを退けて今シーズンの2勝目をあげた。3位表彰台にはシューマッハが滑り込み、6年ぶりとなる…

  4. E's Monologue. より:

    感動のレースフィナーレ(2012第8戦ヨーロッパGP)

    雲ひとつ無い快晴のバレンシア、最終版まで波乱のレースを制したのは、地元スペイン人のF.アロンソでした。今シーズン、ようやく2勝目をあげるドライバーとなりました。レースはポールポジションだったレッドブルのS.ベッテルが中盤まで盤石の一人旅。このままレース進行してゆくのかと思った矢先にH.コバライネンとJ.ベルニュの接触でセーフティカー導入。その直後にベッテルは突然スローダウンし、リタイヤ。代わってアロンソがトップに立ちました。レースは最終版でP.マルドナドとL.ハミルトンのクラッシュによってメルセデス…