2012年 F1ドイツGP 豪雨の波乱の中アロンソが2戦連続PP獲得!! そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round10_qualifying

Q1の後半まではドライコンディションだったのですが、やがて豪雨となり、ヘビーなウェットコンディションの中の予選でした。マッサやグロージャンといった予選ではいつも上位にいるドライバーがQ2落ちを喫する波乱。Q3でもハミルトンやバトンが下位に沈むと言ったこともありました。

その中でアロンソは最悪のコンディションをものともせず、見事PPを獲得しました。しかもディフェンディング・チャンピオンであるヴェッテルを抑えて、見事PPを獲得しました。

2番手には母国のヴェッテル、3番手にはチームメートのウェーバーですがギアボックス交換により5グリッドペナルティがあるため、決勝では8番手スタート。代わりにもう一人母国GPである、ミハエルが3番手に着きます。

可夢偉は雨のコンディションについていけずQ2落ち。決勝での巻き返しに期待したいところです。

さて、優勝予想と行きましょう。

本命:アロンソ

対抗:ヴェッテル

要注意:ミハエル、ウェーバー

昨日のPP予想でも行ったのですが晴れの予報であるため、予選やフリー走行ほど荒れるレースになることは無いでしょう。スタートダッシュやピット戦略さえ間違っていなければ順当にゴールするようなレース展開になりそうです。面白味のある展開も少ないのが欠点ですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク