2012年 F1ハンガリーGP ハミルトンがライコネンの猛追を振り切りポール・トゥ・ウィン達成!!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round11_final

天気予報では2年連続のウェットコンディションになるかとおもいきや、いつものドライコンディションの中でのレースでした。

終始ハミルトンがレースを進めましたが、ライコネンが2回目のピットストップの後で2位になり、そこからハミルトンに猛追、あわよくばオーバーテイクもあるかと思いきや差を詰めては広げ、詰めては広げ…と行った状況が続き、結局そのままハミルトンがポール・トゥ・ウィンを達成。今季2勝目を挙げました。

ライコネンも速さとピット戦略で見事2位まで上がりましたが仕掛けることができず、結局そのままで終わってしまいました。

可夢偉はスタートダッシュを失敗、その後トラフィックに捕まってしまいオーバーテイクも中々できず、かつタイムも伸びず、さらに何らかのトラブルもあってかファイナルラップではピットに戻りガレージへ、結局18位完走扱いでおわりました。予選の悪夢が決勝まで残ってしまい、散々なレースだったような印象を受けました。

さて、F1サーカスは夏休みに入ります。次戦は5週間後、ベルギー・スパフランコルシャン!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 2012 第11戦 ハンガリーGP 決勝

    予選ではハミルトンが今期3度目のポールをGETしたF1第11戦、ハンガリーGP。BSは23:00からの放送だったので、放送に合わせて鑑賞しました。予選の時点で決勝は降水確率50%、決勝開始時に …

  2. Kyan's BLOG V より:

    F1GP2012 ハンガリー

    勝ったのはマクラーレンのハミルトン,2位にロータスのライコネン,3位に同じくロータスのグロージャン。
    またしても2勝目のドライバーが出現。
    速いチームはやっぱり速い。

  3. F1ハンガリーGPと鈴鹿8耐とスーパーGTとロンドン五輪

    昨日は私にとっては、スポーツ満載の休日であった。朝からTVではロンドン五輪の録画放送が流されて、日本人選手のメダル獲得シーンが何回も放送されていた。
    そして夜はハンガリーGPの放送があった。レースはポールからスタートしたハミルトンがピットイン以外で首位を明け渡すことなく優勝、2位、3位にはロータス勢が入り、期待していた小林可夢偉はいいところなく2周遅れの18位という結果となった。
    今までのレースのスタートであれば、必ずと言っていいほどポジションアップしていた可夢偉であったが、今回はポジションダウ…