2012年 F1イタリアGP 上位陣が相次いでリタイアを尻目にハミルトンがポール・トゥ・ウィン!


結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round13_final

ハミルトンが危なげなく、ポール・トゥ・ウィン!を獲得しましたが、見所があったところと言えば、可夢偉のチームメートであるペレスのオーバーテイクショーと言えます。前半だけでも表彰台獲得まで順位を伸ばし、ハミルトンがピットインするときにはラップリーダーにまで躍り出たほどです。

ザウバーのマシン性能もさることながらペレスのテクニックも見事と言うほかありません。一方可夢偉は…、今回はあまり目立った活躍もなく「可もなく不可もなし」と言えるポイント獲得に過ぎませんでした。ただでさえマシン性能の良いザウバーマシンを乗りこなせていないという印象が見受けられており、この状況のままでは来シーズンのシートも確約できない様な状況に陥る可能性が高まります。

もう一つ印象的だったのが、レッドブル2台とバトンがいずれもスピンやマシントラブルなどでリタイアをしたと言うことにあります。ハミルトンは淡々としたレース運びをしており、あまり影響は受けませんでしたが、「フェラーリの聖地」であるが故の「洗礼」を浴びせられたと言えるかもしれません。そう、2006年のアロンソ(当時:ルノー)のエンジンブローのように。

次戦は2週間後!シンガポール マリーナ・ベイ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 2012 第13戦 イタリアGP 決勝 CS観戦

    予選ではマクラーレンの3戦連続ポール、しかも今期3回目のフロントロー独占となった今期13年目、モンツァでのイタリアGP。今回もBSの放送をそのまま鑑賞・・・と思いきや、予選録画 …

  2. ハミルトンのポールトゥウィンで終わったイタリアGP

    イタリアGPはベルギーGPとは違って、別の意味でもドラマがあった。それはペレスの終盤の激走であり、もう少しレースが長ければ、優勝もあったかもしれないという追い上げであった。
    ザウバーはどうしてこうもペレスの戦術は的にはまって、対する小林可夢偉の戦術はいつもはずれてしまうのであろう。イタリアGPではQ3まで進んだ可夢偉とQ2で終わったペレスでは、決勝のスタート時のタイアは異なってしまうのは仕方がないが、こうもペレスの戦術がはまってしまうとはザウバースタッフも思っていなかったのではないか。
    最後の数…

  3. Kyan's BLOG V より:

    F1GP2012 イタリア

    F1第13戦イタリアGPレースレポート | トップニュース|F1 車 映画|2012Live速報
    勝ったのはマクラーレンのハミルトン,2位にザウバーのペレス,3位にフェラーリのアロンソ。

  4. E's Monologue. より:

    ハミルトンが盤石の勝利(2012第13戦イタリアGP)

    今シーズンのヨーロッパラウンド最終戦となるイタリアGP、ポールtoウィンの盤石な勝利でこれを制したのはマクラーレンのL.ハミルトンでした。スタートから安定した走りを見せたハミルトン、一方のチームメイト、J.バトンはマシントラブルでリタイヤとなるなか、タイヤ交換時以外は一度も先頭を譲る事無くチェッカーを受けました。2位には今年表彰台3度目となるザウバーのS.ペレスが、3位には地元の声援を受けたフェラーリのF.アロンソが入りました。チャンピオンシップを考えると、アロンソが一つ頭抜け出した感じになりました…