2012年 F1シンガポールGP 波乱続きで2時間ルール適用! その中でヴェッテルが今季2勝目を獲得!!


結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round14_final

スタートダッシュではあまり大きな波乱は見られなかったのですが、ハミルトンが23周目にギアボックストラブルでリタイアをしてしまい、スタートで2番手に上がっていたヴェッテルがトップとなりました。

さらに波乱は続き、33周目にはカーティケヤンのクラッシュによりセーフティーカーが出動、その後には予選2番手だったマルドナドがリタイア、さらにクラッシュが相次ぎ、この後もセーフティーカーが出動、その周回が長く2時間で61周は走れず、59周でレース終了となりました。

そのような状況の中でヴェッテルが波乱にもめげず今季2勝目を獲得しました。2位にはバトン、3位にはアロンソとランキング上位陣がポディウムを占めました。優勝したヴェッテルはこれでランキング2位。3位表彰台のアロンソもランキングトップを堅守しました。

可夢偉はノーポイント。序盤のスピンがすべてを物語っているようにオーバーテイクショーも見せられず、終盤には危うく接触しそうな状況になり、そこでもタイムロスを喰らうなど踏んだり蹴ったりのレースの印象でした。

次戦は2週間後、日本・鈴鹿!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 2012 第14戦 シンガポールGP 決勝

    予選ではハミルトンが2戦連続ポールGETとなったF1第14戦、シンガポールGP。CSのメッセージがどうしても気になるので、決勝もBSで鑑賞しました。まあ、ナイトレースだけあってBSもレース …

  2. E's Monologue. より:

    ベッテル久々の優勝(2012第14戦シンガポールGP)

    イルミネーション煌びやかなシンガポール。抜きにくいストリートコースを制したのは、レッドブルのS.ベッテルでした。4月のバーレーンGP以来の久々の勝利で今期2勝目を挙げました。レースはポールポジションスタートのマクラーレンのL.ハミルトンが順調にリードをしていたところ、中盤でマシントラブルによりリタイヤ。追っていたベッテルがここでトップに立ち、クラッシュによる2度のセーフティカー導入の波乱もくぐり抜け、そのままチェッカーとなりました。2位にはJ.バトン、3位にはF.アロンソがしぶとくポイントを重ねまし…

  3. ベッテルが今シーズン2勝目をあげたシンガポールGP

    F1シンガポールGPは毎年恒例となったナイトレースで今年も開催された。ポールはハミルトンでポイントリーダのアロンソは5番手からのスタートである。
    小林可夢偉は久しぶりのQ1敗退で17番グリッドからの追い上げとなる。さてスタートは上位陣は混乱なく綺麗なスタートであったが、下位では混乱があり、ペトロフがウィングを飛ばしてピットインしている。
    その他は淡々とした流れでハミルトン以下、ほぼグリッド通りの順位でレースは動いていったが、23周目にハミルトンがトラブルでリタイアした後はベッテルとバトンのマッチ…