2012年 F1日本GP ヴェッテルが4年連続PP獲得!! そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round15_qualifying

ヴェッテルは鈴鹿と相性が良いのか、それともレッドブルは鈴鹿に相性が良いのか、今回はその両方に当たるのかもしれません。

昨日のフリー走行ではコンスタントに上位にいたヴェッテルが土曜のフリー走行でトップタイムをたたきだし、その勢いもあって見事予選でもPPを獲得しました。しかも2番手にはウェーバーが入りレッドブルのフロントロー独占となりました。

可夢偉も母国GPの意地を見せて4番手でしたが、まず3番手のバトンがギアボックス交換により5グリッドペナルティが課せられるため、3番グリッドからのスタートとなりましたが、その隣には…これまで数多くのクラッシュや波乱の原因を生み出したロータスのグロージャンがいます。その妨害をかわして堅実な走りを見せてくれれば良いのですが…。

さて、優勝予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:ウェーバー

要注意:グロージャン、可夢偉

鈴鹿との相性の良さが今回のレースに響くと思います。そう考えると対抗にいるウェーバーは一昨年は2位表彰台でしたが、相性の悪さもあります。そう考えるとヴェッテルの独り勝ちのレースとなるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク