2012年 F1アブダビGP ハミルトンが今季6回目のPP獲得!!そしてヴェッテルは… そして優勝予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round18_qualifying_3

予選終了時にヴェッテルがエンジン不足によりパルク・フェルメに戻れず、かつ車検のための燃料サンプル(1L)を残していなかったことから、予選除外処分を受け、決勝では最後尾からスタートとなりました。

フリー走行ではハミルトンかヴェッテルか、と言うような展開でしたが、予選はQ1~Q3まですべてハミルトンがトップタイムをたたきだし、圧倒的な速さでPPを獲得しました。チャンピオン争いからは一歩離れた所にいるのですが、まだまだチャンスはあると言うような勢いを見せました。

ヴェッテルの当面のライバルであるアロンソは7番手ですが、ランキングトップのヴェッテルが最後尾からのスタートが決まったため、ここでは勝利ももちろんですが、少なくとも表彰台を決めてランキングトップには立ちたいところ。このチャンスをものにできるかどうかで、チャンピオン争いに大きく影響するでしょう。

可夢偉はマシンバランスに苦しみ何とかQ2には進めるも16番手。決勝でも苦戦しそうな様相を見せています。

さて、優勝予想と行きましょう。

本命:ハミルトン

対抗:ウェーバー

要注意:バトン、アロンソ

予選の速さで言えばハミルトンが圧勝しそうな感じですが、トップ争い以上にアロンソが7番手からどこまで追い上げるのか、そしてヴェッテルがオーバーテイクショーでどこまで巻き返しができるのかに注目が集まりそうなので、トップ争いよりもそちらに目が行くレースとなりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク