2013年 F1中国GP フリー走行1・2回目結果、そしてPP予想

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

マレーシアGPから3週間、F1サーカスは成長めざましい中国にやって参りました。この中国GPは2004年に初回された場所でした。その当時は終盤あたりに開催され、チャンピオン争いが最も注目されたレースの連続でした。

やがてこのGPは序盤戦にコンバートし、チームの強さと言った所がフォーカスされるGPになったかと思います。

さて、フリー走行1・2回目の結果を見てみましょう。

<1回目>

順位 ドライバー チーム タイム ラップ数
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:36.717 21
2 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:37.171 20
3 M.ウェバー レッドブル 1:37.658 21
4 S.ベッテル レッドブル 1:37.942 20
5 F.アロンソ フェラーリ 1:37.965 17
6 J.バトン マクラーレン 1:38.069 24
7 F.マッサ フェラーリ 1:38.095 14
8 A.スーティル フォース・インディア 1:38.125 21
9 R.グロジャン ロータス 1:38.398 17
10 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:38.561 15
11 K.ライコネン ロータス 1:38.790 16
12 J.ベルニュ トロ・ロッソ 1:39.057 19
13 P.マルドナード ウィリアムズ 1:39.158 22
14 N.ヒュルケンベルグ ザウバー 1:39.180 21
15 D.リチャルド トロ・ロッソ 1:39.336 19
16 S.ペレス マクラーレン 1:39.360 20
17 V.ボッタス ウィリアムズ 1:39.392 21
18 E.グティエレス ザウバー 1:40.032 22
19 J.ビアンキ マルシャ 1:41.966 16
20 M.チルトン マルシャ 1:42.056 18
21 G.ヴァン・デル・ガルデ ケーターハム 1:42.083 21
22 M.チンホワ ケーターハム 1:43.545 20

<2回目>

順位 ドライバー チーム タイム ラップ数
1 F.マッサ フェラーリ 1:35.340 32
2 K.ライコネン ロータス 1:35.492 32
3 F.アロンソ フェラーリ 1:35.755 30
4 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:35.819 35
5 M.ウェバー レッドブル 1:36.092 31
6 J.バトン マクラーレン 1:36.432 29
7 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:36.496 39
8 A.スーティル フォース・インディア 1:36.514 32
9 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:36.595 33
10 S.ベッテル レッドブル 1:36.791 27
11 S.ペレス マクラーレン 1:36.940 16
12 R.グロジャン ロータス 1:36.963 31
13 E.グティエレス ザウバー 1:37.103 22
14 D.リチャルド トロ・ロッソ 1:37.206 39
15 J.ベルニュ トロ・ロッソ 1:38.127 34
16 V.ボッタス ウィリアムズ 1:38.185 18
17 N.ヒュルケンベルグ ザウバー 1:38.211 32
18 P.マルドナード ウィリアムズ 1:38.276 34
19 J.ビアンキ マルシャ 1:38.725 29
20 G.ヴァン・デル・ガルデ ケーターハム 1:39.271 21
21 C.ピック ケーターハム 1:39.814 27
22 M.チルトン マルシャ 1:43.227 5

1回目はロズベルグ、2回目はマッサがトップタイムをたたき出しましたが、1・2回目とでコンスタントに速いドライバーがほとんどおらず、「様子見」と言うようなフリー走行だった印象でした。

では、PP予想と行きましょう。

本命:ロズベルグ

対抗:マッサ

要注意:ハミルトン、ウェーバー

フリー走行の結果を頼りにすると、このような形となりますが、ただ、予選は何が起こるかわからない。ましてや様子見のフリー走行だと、予選とフリー走行との乖離もあるので正直言って予想はつきません。

スポンサーリンク