2013年 F1バーレーンGP フリー走行1・2回目結果、そしてPP予想


ヨーロッパ・ラウンド突入前、最後のGPの地であるバーレーンにやって参りました。
重たい話ですが、一昨年のバーレーンGPは「アラブの春」の飛び火により開催中止に追い込まれたことが記憶に新しいです。昨年は開催されていたのですが、その開催にまつわる抗議デモもあり、一時は中止か、という報道もありました。で、今年も開催に抗議する運動も起こり、それに関する爆破事件も発生しました。このGP自体バーレーン王室の強い招聘によって開催されており、それが引き金になっているのかもしれません。

さて、フリー走行1・2回目の結果を見てみましょう。

<1回目>

順位 ドライバー チーム   タイム ラップ数
1 F.マッサ フェラーリ 1:34.487 11
2 F.アロンソ フェラーリ 1:34.564 19
3 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:34.621 22
4 S.ベッテル レッドブル 1:34.790 20
5 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:34.949 17
6 J.バトン マクラーレン 1:35.069 22
7 M.ウェバー レッドブル 1:35.101 19
8 A.スーティル フォース・インディア 1:35.119 19
9 K.ライコネン ロータス 1:35.345 17
10 R.グロジャン ロータス 1:35.611 14
11 S.ペレス マクラーレン 1:35.640 23
12 V.ボッタス ウィリアムズ 1:35.783 16
13 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:35.792 16
14 J.ベルニュ トロ・ロッソ 1:36.014 19
15 D.リチャルド トロ・ロッソ 1:36.485 20
16 P.マルドナード ウィリアムズ 1:36.498 17
17 N.ヒュルケンベルグ ザウバー 1:36.755 20
18 E.グティエレス ザウバー 1:37.214 21
19 C.ピック ケーターハム 1:37.850 20
20 H.コバライネン ケーターハム 1:38.401 20
21 M.チルトン マルシャ 1:39.445 12

<2回目>

順位 ドライバー チーム    タイム ラップ数
1 K.ライコネン ロータス 1:34.154 31
2 M.ウェバー レッドブル 1:34.184 26
3 S.ベッテル レッドブル 1:34.282 29
4 F.アロンソ フェラーリ 1:34.310 29
5 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:34.543 35
6 F.マッサ フェラーリ 1:34.552 34
7 R.グロジャン ロータス 1:34.631 33
8 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:34.666 37
9 A.スーティル フォース・インディア 1:34.932 33
10 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:34.976 29
11 J.バトン マクラーレン 1:35.356 32
12 J.ベルニュ トロ・ロッソ 1:35.506 36
13 S.ペレス マクラーレン 1:35.589 37
14 D.リチャルド トロ・ロッソ 1:35.761 33
15 N.ヒュルケンベルグ ザウバー 1:36.133 36
16 P.マルドナード ウィリアムズ 1:36.279 33
17 V.ボッタス ウィリアムズ 1:36.579 28
18 E.グティエレス ザウバー 1:36.616 34
19 C.ピック ケーターハム 1:37.061 33
20 M.チルトン マルシャ 1:37.313 33
21 J.ビアンキ マルシャ 1:37.363 29
22 G.ヴァン・デル・ガルデ ケーターハム 1:37.970 34

1回目はかつて2007・2008年と優勝経験があり、「左回り」のサーキットに強いマッサが、2回目は歴代3位のファステストラップ数を誇るライコネンが獲得しました。前戦とは大きく異なり、1回目は20周前後、2回目は30周以上周回を重ねており、データとしてもほぼ予想としても参考になるものが出てきたかと思います。
(直前になりタイヤ変更も影響されているのかもしれませんが)

さて、PP予想と行きましょう。

本命:ライコネン

対抗:ヴェッテル

要注意:マッサ、アロンソ

たぶん、予選のタイム差はほとんどない中での戦いになると考えられます。その中でQ3のラストアタックが大きな勝負になるのかと思われます。

スポンサーリンク