2013年 F1バーレーンGP オーバーテイクの応酬の中ヴェッテルが今季2勝目獲得!!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

結果は以下の通り。

順位 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 S.ベッテル レッドブル 1:36:00.498 3
2 K.ライコネン ロータス +9.111 2
3 R.グロジャン ロータス +19.507 3
4 P.ディ・レスタ フォース・インディア +21.727 2
5 L.ハミルトン メルセデスAMG +35.23 3
6 S.ペレス マクラーレン +35.998 3
7 M.ウェバー レッドブル +37.213 3
8 F.アロンソ フェラーリ +37.538 4
9 N.ロズベルグ メルセデスAMG +41.132 4
10 J.バトン マクラーレン +46.634 4
11 P.マルドナード ウィリアムズ     +1:06.451 3
12 N.ヒュルケンベルグ ザウバー     +1:12.924 3
13 A.スーティル フォース・インディア     +1:16.719 3
14 V.ボッタス ウィリアムズ     +1:21.511 3
15 F.マッサ フェラーリ     +1:26.364 4
16 D.リチャルド トロ・ロッソ        + 1Lap 3
17 C.ピック ケーターハム        + 1Lap 3
18 E.グティエレス ザウバー        + 1Lap 4
19 J.ビアンキ マルシャ        + 1Lap 4
20 M.チルトン マルシャ        + 1Lap 4
21 G.ヴァン・デル・ガルデ ケーターハム      + 2Laps 5
J.ベルニュ トロ・ロッソ アクシデント 2

順位の変動は以下の通り。(Formula1.comより)

2013_4_final

今回のレースはコース上のオーバーテイクあり、ピットストップ間でのオーバーテイクありと、順位がめまぐるしく変わるレースでした。

ヴェッテルは3周目にロズベルグをパスすると、ピット戦略とタイヤマネジメントと速さでリードを広げていき、気がつくと「完勝」とも言える様なレース展開でした。これで今季2勝目を獲得となり、チャンピオン4連覇に向けて絶好のスタートを切ったと言えます。

2位にはライコネン、3位にはグロージャンとロータスが2台とも表彰台フィニッシュとなりました。両方とも8番手・11番手スタートからの逆転でしたので決勝のレース運びはチームとしての強さを見せつけた所と言えます。

それに対し2列目独占をしたフェラーリにとっては散々なレースでした。

3番手スタートのアロンソはリアウィングのトラブルで順位を大幅に落としてしまいました。その後徐々に順位を上げ、何とか8位とノーポイントは回避されました。

一方マッサは終始リアタイヤに悩まされ15位フィニッシュ。戦略云々よりもトラブルに泣かされた終末でした。

次戦はいよいよヨーロッパラウンド、3週間後、スペイン・バルセロナ!!

スポンサーリンク

コメント

  1. ベッテル圧勝のバーレーンGPと佐藤琢磨がインディカーシリーズで初優勝

    F1も第4戦バーレーンGPである。このレースが終わると、約1か月後からヨーロッパラウンド開幕、いよいよ本格的なシーズン開幕である、と昔であればいえたのであるが、最近のF1シーンはヨーロッパだけでなく全世界の俗にいうヒト・モノ・カネがつぎ込まれているので本格的なシーズン開幕という言葉は当てはまらないかもしれない。
    さて第4戦のポールはロズベルクが獲得した。メルセデスとしては2戦連続で、今年のF1はレッドブルとメルセデスでポールを分け合っているようである。レースであるが、ポールからロズベルクがリードす…

  2. F1 2013 第4戦 バーレーンGP 決勝

    予選ではロズベルグが自身2度目のポールをGETした2013年のF1第4戦、バーレーン・インターナショナル・サーキットでのバーレーンGP。今回は23:00〜のBS中継をAT950Wで録画しながら追いかけ …

  3. Kyan's BLOG V より:

    F1GP2013 バーレーン

    F1第4戦バーレーンGP決勝の結果 | トップニュース|F1 車 映画|2013Live速報勝ったのはレッドブルのベ…

  4. E's Monologue. より:

    ベッテルが今期2勝に(2013第4戦バーレーンGP)

    フライアウェー序盤戦の締めくくりとなるバーレーンGP、砂塵舞うレースを危なげなく制したのはレッドブルのS.ベッテルでした。2位にはロータスのK.ライコネン、3位には同チームメイトのR.グロージャンが入りました。レースはポールポジションのAMGメルセデスのN.ロズベルグが序盤でかわされ、ずるずる後退。代わってベッテルがトップを維持。フェラーリのF.アロンソがDRSトラブルでトップ争いから脱落すると、ライコネンがじわじわ順位をあげ、グロージャンもこれに続いてチェッカーとなりました。
    フェラーリはアロン…