コーチが教える!「すぐやる」技術

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

自分自身の行動を起こすためには、考えることと同時に「動く」事が大事である。しかし、あれこれ考えてしまい、結局行動できない人も多いという現実がある。しかし、行動しなければ変わらないし、成長することも、良い人間関係も築くことができない。
本書は自分自身を変えるための「すぐやる」技術について、「行動」「成長」「人間関係」「目標達成」の4つに分けて伝授している。

第1章「すぐに行動できる人になる!」
成功をするためにはまず「行動」を起こすしかない。その行動こそ「すぐやる」という言葉の如く「リアクションの早さ」を求めたり、慎重にならずすぐに実践するようにしたりと失敗をおそれず、何度もトライをすることによって成功の果実を手に入れる事ができる。

第2章「すぐに成長できる人になる!」
成長をする機会はいくらでもある。その成長を自分自身で促すこともあれば、それを阻害してしまうこともある。しかし自分自身で学ぶことは、学校でやっている座学と言うよりも、実際に実践しながら学ぶ「実学」を繰り返すことによって人は成長することができる。

第3章「すぐに良い人間関係を作れる人になる!」
行動するにも、成長するにも、もう一つ要素があるとするならば「人間関係」である。相手の価値観を理解し、相手を認め、やりとりをする事によって相手の考え方を得ることができ、行動・成長への刺激になる。

第4章「すぐに目標達成できる人になる!」
働くと言うことは相手に価値や感動などを与える、それをお金という対価を得て行うものである。そのうえで仕事における目標をつくり、ねばり強く行動し、成長する、そのことによって人は一回りも二回りも大きくなっていく。

運をよくすることも、実力を上げることも、それにより、より大きな対価を得ることは全て「すぐやる」に包含される、ビジネスにおいても人生においても失敗はつきものだし、リスクもつきものである。それを受け入れて積極的に動くことで自分自身に変化を及ぼすことができる。行動するのは今である。

スポンサーリンク