あした咲く蕾

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

本書は、朱川湊人氏の短編集であるが、朱川氏の小説は当ブログでも何度か消化したこともあり、作風はよく知っている。どういった物かと言うと、女性を主体としている作品もあれば、暖かみのある作品も存在する。

本書もまた暖かみのある作品あのだが、短編集一つ一つに性格を持っており、優しいタッチのものもあれば、「カンカン軒怪異譚」といった「異色」と呼ばれるものもある。どのように異色なのか、と言うと、怪異作品そのものも珍しいのだが、怪異ながらも元気溢れる作品であり、人物もけっこう快活な所も珍しいと言える。

私自身小説はよく読むのだが、元々小説には触れる機会が無かったため、あまり読むのにも慣れていないのだが、本書は短編集のことも在り、読みやすく、暖かみもあり、さらに朱川湊人氏の小説を何度か読んだためか、朱川氏のまた違った側面を描いた小説だったように思える。

スポンサーリンク