ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

人は誰しも「考える」。しかしその考え方によって習慣や付き合い方が変わる。もっと言うと心や仕事にも変化を起こすことができる。その考える中で「ゆるさ」が必要になってくる。ゆるく考えることによってラクに生きる術、さらにはストレスフリーになることの良さについて書かれている。

1.「ラクに生きる」
本章のタイトルにある生き方はどうしたら良いか、退屈や諦めを主体にした生き方を提示している。もちろんラクに生きる考え方の中には世界の中の日本のとらえ方も取り上げている。

2.「「自分基準」で生きる」
本章では人生設計について先輩の意見を聞いたり、こだわったりすることについて、どのようにして考えていけば良いか、そして具体的な設計方法はどうしたら良いかを取り上げている。

3.「賢く自由に「お金」とつきあう」
お金との付き合い方は人生や習慣、考え方に帰着する。そのお金との付き合い方はどのようにしたら良いのか、維持費から販売、貯蓄や防災といった考え方に至るまで取り上げている。

4.「仕事をたしなみ、未来をつくる」
仕事を行う上で市場を理解することがどうしても必要になるのだが、その市場を理解し、選び、なおかつ仕事をしながら未来をつくっていくことが何よりも大切である。

5.「ストレスフリーで楽しく過ごす」
ストレスフリーで仕事をしたり、人生を送ったりすることは必要なことであるのだが、自分自身はこういったことがなかなかできないので、そういった方法がないのか知りたいところである。本章では性格やコミュニケーション、運命や結婚、旅に至るまでのことを取り上げている。

「ゆるく」生きたり、仕事をしたりすることを本書にて提唱しているが、なかなか難しい。そもそも生きづらい世の中である。全力投球を良しとし、毎日のように強要するような中で疲れがたまってしまい、肉体的・精神的に病んでしまう人も少なくない。そのような中でゆるく生きることは難しいものの少しずつでも実践していくことによって、負担は少しずつ軽くなっていく。

スポンサーリンク