新しい鳥たち

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

本書を取り上げる以前に、本書の著者を取り上げる必要がある。ご存知の方もいると思うが、著者は今から15年前に「世界の中心で、愛をさけぶ」で一大センセーショナルを生み出し、映画・ドラマにもなった。それから15年して著者がベストセラーをたたき出したかというと、お世辞にも言えない状況にある。

そして本書である。本書は「世界の中心で、愛をさけぶ」と同じ類の恋愛小説であるが恋愛小説でありながら、「人類の希望」を映し出すというように風呂敷を大きくしているような感じがしてならない。とはいえ中身はあるサラリーマンの恋愛を描いている。その恋愛模様は切ないというよりも「人類の希望」を見出すようなものであり、絶望から希望に押し上げられるような感じがしてならなかった。恋愛でありながら大げさと言ってしまうと表現はおかしいかもしれない。しかしそれほど大きく出たと言えるような恋愛小説と言っても過言ではない。

スポンサーリンク