なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?


「そうじ」というと嫌がる人も少なくない。その一方で「そうじ」を積極的に行おうとする人もいる。私はというと、どちらかといえば後者である。もっとも部活動で毎日のように掃除を課せられていたのだが、「やらされている」という義務感よりも、自分自身から「やらせていただく」というような考えでそうじを行った。

その考え方は社会人になった今でもあり、自宅の掃除はもちろんのこと、仕事がてら掃除を行うこともこまめに行う。自分自身のストレス発散もあるのだが、掃除をしたことによって自分自身の心が洗われるような感覚に浸ることができるのも、この「そうじ」の醍醐味といえる。

本書はどうなのかというと、本書は「そうじ」を通じてお金が手に入ったり、夢が叶ったり、人生が変わったりすることのできる考え方を小説という形で取り上げている。いわゆる「そうじ小説」と呼ばれる一冊であるが、小説を通じて「そうじ」で得られることを知ることができる。またその「そうじ」の良さについても創業者や経営者の推薦文も寄せられている。

スポンサーリンク