40歳からの会社に頼らない働き方

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

「働き盛り」の後期を迎える40歳を過ぎたときに、同じような働き方は考えない方が良い。しかしながらその働き方を変えるためにはどのような考えを持ったらよいのか。その一つとして「会社に頼らない」ことを念頭に置くことが必要になってくる。その働き方とは一体何か本書にて解き明かしている。

第一章「新しい働き方を手に入れる」
新しい働き方を手にいれるきっかけとして「環境」が大きく変わることが挙げられる。その挙げられる環境の変化はどのようなものがあるのか、そしてその変化に対してどのように対応をしていけば良いのかを伝授している。

第二章「一生会社を頼りにする時代は終わった」
かつては会社を頼りにしていけば安泰だった。しかし会社にしても労働者にしても明日安定して働けるかというとそのような保証は何もない。その保証がない中で「会社を頼りにしない」ことは非常に重要な要素の一つである。その要素がなぜ必要になってきたのか、目くるめく労働環境の現状を明かしている。

第三章「将来を切り拓くための五つのステップ」
働く人にとってのシミュレーションをどのようにしていくべきかを取りあげている。その将来に向けて発想力を鍛えたり、目標を組み立てたりするなどのステップを伝授している。

第四章「能力の棚卸しはこう進めよう」
40歳になってくると様々な変化が表れる。その変化を対応していけるように自分自身の能力・キャリアを見直していく必要がある。その見直す要素として「棚卸し」が挙げられる。

第五章「どんな人でもスキルを磨く必要がある」
スキルを磨くことは40歳に限らず、いつの世代・人にも共通することである。もちろん本章でもそのことを取り上げているのだが、そのスキルは今の会社のみならず、他の会社でも共通して使えるようなスキルが求められる。そのスキルとはどのようなものか、そして具体的にどのようにして磨いていけば良いのかを取り上げている。

第六章「複線的な働き方実践編―バーチャルカンパニーと作ろう」
複線的になることは収入だけでなく、仕事のヴァリエーションも同様に行う必要がある。もちろん会社員だけでなく、自分自身が「自分」という名の株式会社を経営し、運営していくことが挙げられる。本章ではそれを実践的な内容にて取り上げられている。

第七章「未来の働き方を自分のものにする」
これからはどのような働き方をしたら良いのかそれは自分自身で考え、行動をする必要がある。その必要のあることとは何か、プランニングから可能性について取り上げている。

働き方は変化する。その変化する労働のあり方は自分自身のスタイルに合わせて変化をしていく必要があるのだが、その必要のある働き方とは何かを考えるきっかけになるのが本書と言える。

スポンサーリンク