仕事で差がつく 根回し力


仕事において重要な要素として色々なものがあるのだが、組織の中で活動をすることから「根回し」は必要なものとして挙げられる。その根回しをいかにして行ったらよいのか、得意な人もいれば、苦手な人もいる。その差は一体何か、もしも苦手だったら、どのようにして「根回し」を行ったらよいのかを本書では取り上げている。

1章「「自分」を上手に通す根回し力」
根回しは当然人との信頼関係や調整力が問われる。もちろんそういったことができる・できないことで差が生まれてしまうのだが、コツさえつかむことができれば、自分自身を上手に通すことができるようになる。

2章「「距離」をグッと縮める根回し力」
人と人との距離をグッと近づくことができるための力もまた根回しの一つであるのだが、根回しをすればするほど自然と人との距離は近づくが、その「グッと」近づくためにもテクニックは必要になるという。

3章「「人」を引き込む根回し力」
根回しには色々な力が存在する。何度も述べているように「根回し」をするためには「人」を使う。その人をどのようにして使っていけば良いのか、その考え方を方法について取り上げているのが本章である。

4章「「やっかいな人」を味方につける根回し力」
根回しの中で最も難しいのが「やっかいな人」を巻き込む方法である。特にその人自身が原因で巻き込めなかったり、根回しに失敗したりするようなことが往々にしてある。その往々にしてあるようなことをいかにして解消していけば良いのか、そのことを取り上げている。

5章「結果を分ける「ひと押し」の根回し力」
根回しは人を巻き込めば良いとは限らない。そういった人に対して根回しをするにも根気やテクニックがどうしても必要になる。その必要になる要素は一体どのようなものなのか、本章ではそのことを伝授している。

6章「「トラブル」を巧みに解消する根回し力」
5章以上に「やっかい」な人が続々とある。そもそもそういった人たちはたいがい「トラブル」を運んできて、人をひっかきまわす。それを巧みに回避して、根回しを行う術が列挙されている。

仕事は一人でやることはほとんどない。それ故に仕事は「組織」と呼ばれる集合体の中で行うことが多く、その中で「根回し」は重要な要素として挙げられる。その挙げられる要素が本書にてギュッと詰まっている。

スポンサーリンク