福も来た―パンとスープとネコ日和

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

本書は「パントスープとネコ日和」シリーズの第2弾にあたる一冊で。様々な食が出てくる一冊であり、なおかつ、料理とともに物語もつくられる。

もちろん本書の舞台は主人公が自ら開店させたレストランを舞台にして来客するお客とともに、どのようなエピソードがあるのか、そのことを取り上げている。

本書の中に「日々を丁寧に生きています」とあるように、つくりも丁寧であり、人間模様も丁寧に描かれている。そのためか、繊細なつくりが優しさを生み、料理の描写もおいしく映し出している。もちろん本書のタイトルにあるようにネコも出てきており、描写も非常に細かい。
ちなみに本書はドラマ化されており、ロングセラーとなっているのだが、その理由が窺えるような細かい描写が非常に印象的だった。

スポンサーリンク