成功は「気にしない人」だけが手に入れる


著者の信長様より献本御礼。
私自身結構気にしい人間である。それ故に色々なことに気を取られてしまい、なかなかうまくいかないことが続いたことがある。気にすることが大事であるが、その程度を越えてしまうとうまくいくものもうまくいかなくなってしまう。そのうまくいかなくなってしまう。なので「気にしない」ことを意識することによって成功に導くための方法を伝授している。

第1章「気にしない男の仕事術」
著者はホストであるのだが、ホストの仕事は色々と気にしながら行う必要があるイメージを持っているのだが、むしろ気にする意識を捨て、気にしないようにすることで、仕事のパフォーマンスが上がり、成功に導くことができる。

第2章「「気にしやすい自分」を捨てる練習」
周囲に気にしてしまうようなことがある人にとって「気にするな」と言われてもかえって逆効果である。その逆効果になるような要素からいかにして捨てていくか、その練習方法を伝授している。

第3章「さらに周囲を気にしなくなる「信長流」習慣術」
周囲を気にすることによって足元がすくわれてしまったり、自分自身のやりたいことができなくなったりすることがあり、百害あって一利なしの様相を呈している。その周囲からの目や言葉から解放するためには、「気にしない」ことがどうしても必要になる。その必要になる気にしない習慣にするためにはどうしたら良いかを取り上げている。

第4章「“楽しい”から成功できる」
成功するためには楽しむことも一つである。逆接であっても「楽しいから成功できる」ということもまた然りである。そのため楽しむためにはどうしたら良いのか、そのことを取り上げている。

気にすることは大事だが、状況によってはそれが成長や成功の阻害となってしまう。疎外となるのであればいっそのこと「気にしない」ことを意識したほうが良いのだが、私のような気にしい人がいたら本書でもって習慣を、そして意識を変えていってみてはどうか。

スポンサーリンク