化学物質と正しく付き合う方法 不安を安心に変えるための基礎知識


私たちの生活の中ではよく「化学物質」が日常的に存在し、なおかつ利用する。その利用する中で「化学物質」そのものを忌避するような人もいれば、それについて批判し、なおかつ国に帰省をするよう訴えるケースもある(中には本当に規制になったケースもある)。しかしそれは自然物質でも化学物質でも同じことが言え、使い方・付き合い方によっては良い付き合い方もできる。本書はその方法を取り上げている。

なお著者の一人であるが、最近ではあまりテレビに出演しなかったのだが、かつてはバラエティ番組に引っ張りだこのあの人物である。

第1章「日常生活の中の化学物質」
冒頭にも述べたように化学物質は日常生活の中で当たり前のように存在する。その存在する中でどのようなところで化学物質は使われているのか、本章ではその一例を挙げている。

第2章「化学物質により生じた問題と取られた対策」
しかしながら化学物質は時として地球環境や事態にも悪影響を及ぼすこと・物質が存在する。その存在する物質の中でどのようなものがあるのか、そのことについて取り上げたのが本章である。

第3章「化学物質の種々の性状とその予測方法、毒性の表示方法」
化学物質にかかわる症状は様々であるのだが、その中でも本章では毒性と生物への影響についてフォーカスを当てながら化学物質のリスクを取り上げている。

第4章「リスクコミュニケーション」
リスクはつきものであるのだが、あらかじめリスクは回避できるのであれば回避する必要がある。その必要のあるリスクの回避をどのように行ったらよいのか、本章ではそれを伝授している。

第5章「化学物質を正しく利用するために」
しかし化学物質は日常生活の中に深く浸透しているだけあり、それを完全になくすることは難しい。だからでこそ正しい付き合い方を覚えることが必要であるという。

化学物質の付き合い方は様々であるのだが、その付き合い方を良くできればこれほど便利なものはない。そのメリットとリスクの両輪を取り上げている。

スポンサーリンク