悪魔を憐れむ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

とある居酒屋の店主からの依頼を受けた匠千暁が難事件に挑み、解決していく作品であるのだが、事件は物語が進んでいくにつれ、複雑なものになっていく。

ちなみに本書の主人公は匠千暁という探偵なのだが、シリーズ化されており、その続編と呼ばれる一冊である。

事件の真相は言えないのだが、事件のトリックを見ないと全くと言ってもいいほど不可解な事件のように見える。最も心霊現象やポルターガイストのような状況なのだが、なぞが解かれた時も不可解な要素が残るのだが、ミステリーの作品はおしなべて「不可解」な部分がどうしても入ってくる。

しかし本書はその要素が今までのミステリー作品よりも多く見られた。もちろんどこにあるのかについては物語の核心に入ってしまうので言えないのだが、その「不可解さ」が物語の良さを引き出していると言っても過言ではない。

スポンサーリンク