魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?


謎の美少女魔法使いと刑事との凸凹関係によって難事件を解決するミステリー作品である。ある意味「ファンタジーミステリー小説」という範疇に入るのかもしれないが、ファンタジーの要素が強く、ミステリーならではの緊張感がない。しかしその緊張感がなく、むしろほのぼのとした展開こそが本書の良さと言ってもいいのかもしれない。ミステリーならではの緊張感が苦手な人であれば本書から読んでみるのも手である。

ちなみに本書は4編からなる短編集であり、どの編からも楽しんで読むことができるように作られている。緊張感の部分でいえばミステリー好きであれば少し物足りない要素もあるのかもしれないが、ミステリー初心者だとしたら本書を入り口にして入っていくと、だんだんとミステリーの要素が見つかり、なおかつミステリー独自の面白さに気づくことができるスタートラインの一冊と言える。

スポンサーリンク