ハンナの夢さがし

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

人には誰しも「夢」がある。その夢は本書にて「ダンサー」や「アイドル」「調理師」などが挙げられる。他にもあるとしたら「お嫁さん」といった方が良いのかもしれないが。

しかし「夢」は見るものでもあるのだが、同時に「叶える」ことも必要なことである。その叶えるためには行動がどうしても必要なのだが、その必要な要素の「行動」がいかなるきっかけにして起こすのか、その要因として姉妹の刺激があったためと言える。
そのことを考えると本書は非常に面白い。

本書で読み取れるメッセージは「夢」「家族」などが挙げられるのだが、その一つ一つのメッセージがエピソードとともに語られており、なおかつ児童向けにわかりやすく組み立てられていることから、小説が理解できない人でもスッと理解できるようになっている。もしも夢について知りたい、あるいは成長をする、成功をすることを知るためにはうってつけの一冊と言える。

スポンサーリンク