六月の夜と昼のあわいに

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

本書が出版されたのは10年近く前の話だが、作家の名前だけでいえばホットな人物と言える。というのは先日「蜜蜂と遠雷」で第157回直木三十五賞を受賞したからである。この受賞までに何度もノミネートされるも選ばれないことがあり、ようやくの受賞となった。

ちなみに本書は短編集で様々な趣の作品が収録されている。方や淡い恋を描いているものもあれば、方や仄暗い雰囲気で流れていく作品、さらには人間関係が刻々と変化していく作品まで存在する。

様々な作品が収録されているのだが、共通しているのが一つある。それは「言葉遊び」である。言葉遊びは小説やエッセイなどでも良くあるのだが、本書はその傾向が強い。その言葉遊びの中に詩や川柳などの言葉などが挙げられ、著者自身も作品を描きながら言葉遊びを楽しんでいるように見えてならなかった。

スポンサーリンク