ルカの方舟

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

火星の隕石が見つかり、その隕石には生命の痕跡があったことから物語が始まる。そもそも火星にはそういったものがあることについては学会でも発表されることはあったのだが、本当のところは諸説あり、真実的としては不明というほかない。

しかし本書はそこにも斬りこんでおり、仮に「発見したら」ということをとらえながら、様々な出来事・事件が起こる。その中心にいるのは研究者というよりも世紀の発見をより早く、より正確かつ詳細に取材し、伝えようとする記者である。その記者宛てに届く謎のメールは科学でもたまに出てくる「偽装」を告発するものである。科学の研究の場でも偽装や改ざん、捏造といったことは、数は多くないものの存在しており、書籍やニュースにもなっている。特に記憶の新しいもので小保方晴子氏の研究不正事件が挙げられるが、それもまた理学研究の暗部が見え隠れするようなものであるのだが、本書もまたそういった「暗部」を指し示すようなもの・ことが随所に見られるようになっている。

スポンサーリンク