民泊ビジネス

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

昨年あたりから民泊がブームとなり、民泊関係のビジネスも急成長を遂げてきた。本屋に行くと民泊に関連するビジネスもドンドンと出てきた。その民泊ビジネスはどのようにして生まれ、2020年に開催される東京オリンピックに向けてどのような動きを見せるのか、そのことを取り上げている。

第一章「なぜ、ホテルが絶好調になったのか」
「爆買い」という言葉が流行語となった時から外国人観光客が日本に押し寄せるようになった。その宿泊先としてホテルが飛ぶように需要が伸び、連日満室になるホテルも出始めている。それが弊害となってこの時期の受験生では宿泊先が確保できない声も続出するほどである。その要因の一つとしてインターネットを通じて手軽に予約できるのも一つとして挙げられる。

第二章「まったく足りない、日本の宿泊施設」
そのことから日本の宿泊施設が足りなくなり、需要に間に合わない事象が発生している。さらに追い打ちをかけるように、人手不足も深刻な問題として挙げられる。

第三章「ホテル建設ラッシュで、五輪後は大丈夫なのか」
その影響を受けてホテル会社も建設ラッシュをかけており、首都圏では所々で建設を行い続けている。その続けていく中で東京五輪に向けての需要、そして五輪後の需要はどうなるのかを取り上げている。

第四章「溢れる訪日外国人観光客の受け皿が、民泊」
建設ラッシュの代わりとなるのが「民泊」である。この民泊は宿泊施設の枯渇の他にも「空き家」が増えてきていることにまつわる問題の解決への糸口にもなりえる。その民泊の可能性について取り上げている。

第五章「民泊ビジネスの方向性」
しかしその民泊は法的な規制でなかなか難しかったのだが、最近その規制が緩和され、全面的に解禁するような動きもある。そのことからビジネス的な契機も見られるようになり、なおかつ宿泊ビジネスにも大きな影響を与えることができる。外国人観光客に向けて、さらには投資としての民泊はビジネスチャンスに恵まれていると言っても過言ではない。

第六章「ホテルの将来」
とはいってもホテルビジネスもまた需要を伸ばしている。その伸ばしている需要をいかにして成長できるのか、そして東京オリンピックに向けて経済をどのようにして発展していけば良いのかそのことを取り上げている。

民泊には様々な可能性があり、今一番アツいビジネスとして挙げられている。しかし弊害となる要因もあるのだが、その弊害を乗り越えてホットにしていくかは民泊ビジネスを展開した人・企業次第と言える。

スポンサーリンク