コーヒーもう一杯


カフェに限らず、店を経営するとなると様々な困難に立ち会うことがある。その「困難」は会社員時代にはまずないような体験と難題を抱えることとなるのだが、その難題とは一体何か、本書はとある元OLが思い立ってカフェを経営し始め、様々な失敗を経て軌道に乗り始めるまでのプロセスを描いた小説である。

もっともカフェの経営のノウハウ本は数多くあるのだが、実際にカフェを経営したストーリーを描いた作品はなかなかない。もっともカフェを経営したいと思っても実際に何から始めたよいのか分からない人々が多く、なおかつすんなりと頭に入ってくることができるものとしてノウハウ本では難しいこともある。

そこで小説がある。ありとあらゆる失敗を経て、様々な経験を積んできたストーリーであるのだが、もしもカフェを経営しようと考えているのであれば入門書以上に薦めたい一冊と言える。その理由としてもしも自分がカフェを経営したらどうなるかのイメージトレーニングの題材としても役立つからである。

スポンサーリンク