ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス


「記憶」はその人の思い出を紡ぎ出すのだが、脳科学者の中にはその「記憶」について改ざんされて出てくると指摘する学者もいる。その記憶によって様々な変化が生じるのだが、その記憶がいかにして物語を紡いでいくのか、そのことを取り上げた一冊である。

その「記憶」がいかにして様々な連なりを見せて、物語を作っていくのか、そのことを取り上げた中編作品なのだが、短いストーリーの中で数多くの記憶が巡り、なおかつ人間模様を生み出しながらもエキセントリックなキャラクターと行動を呼び起こしているところが何とも言えない面白さを生み出してくれる。

しかしそのストーリーの中には9.11と3.11の出来事が言及はせずとも、そう思わずにいられないような描写をしているため、ハラハラする場面もあった。

スポンサーリンク